【集団訴訟に向けて】大野翼の”タイム・イズ・マネー”について

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】大野翼の”タイム・イズ・マネー”について
募集中
仮想通貨 
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
633,000

参加者数
3

”タイム・イズ・マネー”の概要

タイムイズマネープロジェクトは、人工知能を搭載したシステムで毎月最低250万円を受け取り続けるという誘い文句で参加者を集めていたプロジェクトです。

コメント2

※ 注意事項
  1. 個人を特定できる情報を含む投稿はしないでください。
  2. 外部への誘導目的とするメールアドレス、URLを含む投稿はしないでください。
  3. 投稿内容に関しては、個人の意見であり事実に反する場合があります。
  4. 投稿内容は、精査の後反映されます。
利用規約に同意の上、投稿してください。
1 .  利根川コナン  2019-04-04 22:28:10  ID:EmQ2hQQ
Matoma(マトマリ)でウイズコイン
enjinでwithコイン松山光市の集団訴訟のプラットフォームがあり人数は集まっていますが進行していません。
おそらく松山光市だけをターゲットにすることに限界があるのでしょう。
こちらは松山孝一(光市)の他に山本裕二やwithコイン事務局も訴訟の対象にしています。
また複数のプラットフォームが切磋琢磨することで集団訴訟が迅速におこなわれる事を願っております。
enjinの集団訴訟に参加されている方も登録され条件の良いほうで訴訟をおこなえばいいと思います。
2 .  kinuko  2019-08-31 21:46:08  ID:VDUVR3A
半額だけ、払って辞めた。私も、簡単にできるということばに、弱くって。15万円払いました。

”タイム・イズ・マネー”(参加者の声)

合同会社オーロの大野翼が仕掛けていたのが、「タイム・イズ・マネー」という商材です。

セールスレターでは、絶対勝利や毎月最低250万円うけとるなどだれでも稼げるかのような文言が書いてありました。

稼げる理由というのが、理由1

Sリストという米国政府高官クラスの超上級階級だけが知っている極秘リストがあるから
人工知能を搭載したシステムを作ったから
1日で650兆円以上が動く大きな市場規模があるから

とのことですが、実際は稼げないという声が多く聞こえるものでした。

最終的には、
「クロノスクラブ」「ゼウスクラブ」という高額塾に発展しました。
値段も、285000、450000ととても高額なものです。
あとから稼げるなら最初だけ払おうなどと思い購入してしまった方もいるかと思います。

そういう方がいましたら、ぜひこのMatomaに参加お願いいたします。
ご協力お願いいします。
現在公開されている証拠データはありません。
応援する