【集団訴訟に向けて】サングローブ株式会社との契約について

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】サングローブ株式会社との契約について
募集中
その他 
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
900,000

参加者数
1

「サングローブ株式会社との契約」参加者の声

2020年1月16日
サングローブ社担当者より
「弊社は大企業の福利厚生施設専用の集客サイト(リロクラブ)と提携しており、弊社を介することで御社もリロクラブに登録出来ます。登録店舗になれば大企業の多くの従業員を新規顧客として獲得出来ます。」

など、サングローブ社を介することで大企業の福利厚生施設専用の集客サイトに当方が営む事業を登録でき、それにより多数の新規顧客獲得が可能となるとの説明を受けた。

その際、当方より
「現在の広告費用は毎月5000円、集客効果が向上する場合でも毎月の広告費は15000円が上限である。そのような毎月15000円以内の支払で契約出来るのか?」

と担当者に確認したところ、
「クレジットカードを調査しましたが、毎月の支払を5000円区切りで決済できるので、毎月5000円でも10000円でも15000円でもご希望に沿った金額での支払が設定できます。」

との回答を受けた為、本契約申込を決定した。


しかし、申込後に自身でもクレジットカード会社に毎月の支払条件を確認したところ、なんと分割支払にした際にも最低金額が30000円と設定されており、それ以上の金額については5000円単位で設定できるというものである事実が発覚、即ち貴社担当者が勧誘時に約束した毎月15000円以内での支払条件が不可能であることが確認された。

さらに、サングローブ社の勧誘に疑問を持ち調査したところ、当方と全く同様の勧誘を受けリロクラブへの登録を条件に高額な契約(本契約と同じ)を締結するもその後は新規顧客獲得はおろか問い合わせすら皆無の状況となっている被害者が以前より全国に多数存在すること、その他にも当該リロクラブはサングローブ社を介することなく入会登録可能なものであることなども発覚。

即ち、サングローブ社担当者が本契約勧誘に際し当方の錯誤を誘発させるような説明を行い福利厚生施設専用の集客サイトによる集客効果、サイトへの登録条件、毎月の支払金額条件など)を受けていれば本契約を申込することは有り得なかったため、クレジットカード会社への決済取消を申し出たが、サングローブ株式会社は当方の申し出に対し決済取消には応じないため、同様な状況下におかれている方々を募ったうえ、本契約の取消を求めたい。

コメント0

※ 注意事項
  1. 個人を特定できる情報を含む投稿はしないでください。
  2. 外部への誘導目的とするメールアドレス、URLを含む投稿はしないでください。
  3. 投稿内容に関しては、個人の意見であり事実に反する場合があります。
利用規約に同意の上、投稿してください。
現在公開されている証拠データはありません。
応援する