【集団訴訟に向けて】 株式会社Stealth 原田健二の中国在宅ワークについて

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】 株式会社Stealth 原田健二の中国在宅ワークについて
募集中
情報商材
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
240,000

参加者数
1

株式会社Stealth 原田健二の中国在宅ワークの概要

株式会社Stealth 原田健二の中国在宅ワークは、業務委託の在宅ワークだが、契約料+毎月の利用料が必要となる。

中国通販サイトから仕入れた商品をメルカリ、インスタグラムで転売するという業務内容で、メルカリでのリサーチの方法などを教えてもらえるが、アドバイスを受けた通りに行っても結果が出ない。

Stealthがアパレル商品を独自ルートで安く仕入れる事ができるとの事前の説明だったが、実際は割高になってしまう。

株式会社Stealth 原田健二の中国在宅ワーク(参加者の声)

ネットで募集の記事をみて契約をした。

業務委託の在宅ワークで稼いだ分は自分の儲けになるが契約金と毎月の利用料がかかる。

ビジネスの内容は中国通販サイトから仕入れた商品をメルカリ、インスタグラムで転売するというもので、Stealthがアパレル商品を独自ルートで安く仕入れる事ができるとの事だった。

メルカリでのリサーチの方法を教えてもらえるが、アドバイスを受けた通りに行っても結果が出ず、仕入れが安いどころか割高になってしまう。

現在はARKコーポレーションと名乗りSNSで勧誘している模様。

コメント0

※ 現在、当案件へのコメント投稿を制限しております。
ご了承下さい。

MatoMa運営によるリサーチ結果

現在公開されている証拠データはありません。
応援する