【集団訴訟に向けて】金沢龍男、若松龍太(息子) 親子による融資トラブルについて

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】金沢龍男、若松龍太(息子) 親子による融資トラブルについて
募集中
その他
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
5,000,000

参加者数
1

金沢龍男、若松龍太(息子) 親子による融資トラブルの概要

2016年1月15日に、金沢龍男とその息子の若松龍太より、「株式会社雅精工が開発した『マイクロセルフ採血キット』の運転資金500万円を借して頂きたい」と相談され、2016年1月29日に、若松龍太が代表の株式会社NDR JAPANに振込んだが、連絡が取れなくなった。
若松龍太が代表の株式会社NDR JAPANは、既に休眠会社だと判明した。
品川本社事務所も、もぬけのからとなり、親子とも一切連絡がとれなってしまった。

金沢龍男、若松龍太(息子) 親子による融資トラブル(参加者の声)

2016年1月15日に、金沢龍男とその息子の若松龍太より、「株式会社雅精工が開発した『マイクロセルフ採血キット』の運転資金500万円を借して頂きたい」と相談され、2016年1月29日に、若松龍太が代表の株式会社NDR JAPANに振込んだが、連絡が取れなくなった。
若松龍太が代表の株式会社NDR JAPANは、既に休眠会社だと判明した。
品川本社事務所も、もぬけのからとなり、親子とも一切連絡がとれなってしまった。

コメント0

※ 現在、当案件へのコメント投稿を制限しております。
ご了承下さい。

MatoMa運営によるリサーチ結果

現在公開されている証拠データはありません。
応援する