【集団訴訟に向けて】オンラインというサイトの「秘密の受給金制度」について

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】オンラインというサイトの「秘密の受給金制度」について
募集中
情報商材
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
1,578,000

参加者数
2

オンライン 秘密の受給金制度の概要

「秘密の受給金制度」とは、毎週5万円~80万円が長期間にわたって振り込まれ続けるという触れ込み。

実際は、競馬の配当金によって振り込まれるということで、それを受け取るためには手数料を支払う必要がある。

スタートクラスとオンラインクラスがあり、共に的中率は100%とのこと。

お試し版的なスタートクラス(初心者クラス)の受け取れる金額は最大3,000円で手数料は500円。
これについては支払われた。

クラスがアップすると配当金もレベルアップする。

つまり、支払う手数料も増えるのだが、振り込んで配当金を待ち続けても、払い戻しを受けることはなかった。

オンライン 秘密の受給金制度の参加者の声

何と、三連単の4,680,000円的中!
手数料10%の468,000円振込を指示され、これで貰えるならと楽しみにしていた矢先に事務局の担当から自身のミスという事で手数料を20%と間違えていたとさらに同額の手数料振込を通知してきた。

これでやっと、と思ったのに翌日上司らしき人物の差出し名で、高額な振込でリターンするからセキュリティを掛けたいとして配当金と共に返金するからそれにおける手数料を更に振込してと中々入金されず。

ちなみに432,000円でしたが。もうこれが最後とばかりに振込した所、またまたリターンで最高のセキュリティの手数料振込を最後にしたいとメール。

もう振り込まず最後のメールで確認だけしてブロックした。ちなみに最後のセキュリティ手数料は1,280,000円でしたが。

コメント2

※ 現在、当案件へのコメント投稿を制限しております。
ご了承下さい。

1.  名無し  2019-08-22 08:07:36  ID:I0g2GYU
担当のみす→セキュリティ費用請求。

何処かで見たような同じようなパターン。
2.  名無し  2019-08-23 13:55:44  ID:kzU2iQ
1に同感です。
実は「WINターゲット」でも同様の手口でした。

担当者のミス→「あと10%支払え」→もし入金できなければキャッシュカード(及び通帳)を指定された住所に送る→2週間ほどで処理をする→実は「例:WINターゲット」の振込口座として使われる→銀行に呼び出され該当口座の取引停止にされる。

おそらく「3G」や「ONE運営管理部」、「バンキング」などもそれだったと思われます。

MatoMa運営によるリサーチ結果

現在公開されている証拠データはありません。
応援する