久世誠の”ALL WINNER PROJECT”に対して集団訴訟を起こす!!

久世誠の”ALL WINNER PROJECT”に対して集団訴訟を起こす!!
募集中
情報商材
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の被害金額
1,961,000
"マトマリ"達成率

被害者数
8

久世誠の”ALL WINNER PROJECT”の概要

久世誠のALL WINNER PROJECTは、ネットで情報商材を購入したものの、商品やサポートの質が購入料金に伴っていない物に対して、返金をさせるというものでした。
しかし、後からドリームカントリーというものを紹介され、その入国料金として支払いをしました。

久世誠の”ALL WINNER PROJECT”の詳細

上記しましたが、久世誠のALL WINNER PROJECTと商材についてです。
運営会社は、合同会社トラストイノベーションというところです。
後から、ドリームカントリーへの入国案内がされます。
入国費にも、そのあとにも請求が来て、約60万以上の支払いをした人もいるそうです。
前々から騒がれていたこともありすでに動かれている方も多いかもしれませんが、まだ動けば何とかなるかもしれないので、同じ方はよろしくお願いいたします。

コメント5

※ 実名、及び個人を特定できるような名前は入力しないでください。
利用規約に同意の上、投稿してください。
1.名無し2018-12-11 23:12:46
久世誠を捕まえて、
返金してもらいたいです!!
2.名無し2019-01-25 21:19:50
サイトが急に閉鎖されましたね。
TRSUST SPEED MARKETも連絡しても返事なし。
出金出来るのかな?
一応トライしてみよう。
毎月100万どころかお金減ったけど…
3.名無し2019-03-04 12:04:40
久世! 死刑だな!みんなで訴訟を起こし、即刻、豚箱へ
4.MatoMa事務局2019-03-04 18:57:06
MatoMa事務局
掲示板をご利用いただきありがとうございます。
こちらの案件に関しまして、コメントはしているものの、参加されていない方は、ぜひ参加お願いいたします。
また、参加している方でも、一度マイページより参加の確認をお願いいたします。

カードでお支払いをした方は、チャージバックにて返金してもらえる可能性がございます。
該当する方は、案件に参加し運営チャットでご連絡ください。
5.名無し2019-03-28 07:58:45
23万円、40万円を、入国料として払いました。辞めようと思ったけど、取り返すのが難しいと言われたので、分割払いにして、払っています。

久世誠の”ALL WINNER PROJECT”のリサーチ

久世誠 All Winner Project
Q. 久世誠のAll Winner Projectとは?合同会社トラストイノベーションが運営している久世誠のAll Winner Projectは、情報商材のプロモーションサイト。
他の情報商材とは異なって、久世誠のAll Winner Projectは、特定の情報商材を販売するというものではない。
情報商材を購入したものの、商品やサポートの質が購入代金に見合わない場合は、返金させるという画期的なサービスのよう。
消費者金融に対する過払い金請求を行うようですが、実際にどのように請求するのかなどの説明については何もない。
ネットビジネスの被害者の会というところからも推薦されているとのこと。
久世誠のAll Winner Projectは「被害者救済プログラム」と命名されていて、ただ待っているだけで、救済金が振り込まれるとのこと。
Q. 久世誠のAll Winner Projectのバックエンド商材とは?久世誠のAll Winner Projectに参加をすると、バックエンド商材の勧誘がある模様。
バックエンド商材の名前は「ドリームカンパニー」のFXのPAMM。
PAMMとは、第三者のトレードを複数の顧客のプラットフォームに反映させるシステムですが、日本での使用は禁止されているため注意が必要だ。
また、このPAMMソフトを使用するためには、初期費用10万円、月額使用料49.200円がかかる。
このPAMMのシステムを利用することによって、98.2%以上の確率で100万円振り込まれるとされている。
[ドリームカンパニーの特典内容]・ウィナーシステム利用権利・初期投資資金10万円支援パッケージ・ウィナーシステム初期設定完全代行サポート・口座開設完全代行サポート・富裕層脳継承カリキュラム・定期開催成果報告交流会・24時間365日サポート・久世式 節税パーフェクトマニュアル税理士の紹介・優待入国を無制限へ・ウィナーコネクト月額使用料498,000円を生涯全額負担Q. 久世誠のAll Winner Projectの運営会社情報は?久世誠のAll Winner Projectの運営会社は、株式会社ホムテルスという会社。
特定商取引法に基づく情報を確認してみよう。
[運営会社]運営元会社名:株式会社ホムテルス代表者氏名:佐々木亮太所在地:〒212—0052 神奈川県川崎市幸区古市場2丁目75番地メールアドレス:mail@matuoka-naoki.net電話番号:03-6629-7001支払方法:銀行振込、クレジットカード、Bitcash、楽天Edy、ちょこむeマネー[お問い合わせ先]商品名:All Winner Project販売責任者:合同会社トラストイノベーション運営責任者所在地:東京都目黒区大橋1-6-16-506電話番:090-3089-5337お問い合わせ:awp●all-winner-project.com特定商取引法に電話番号とメールアドレスが記載されている。
しかし、お問い合わせ先として表示されている合同会社トラストイノベーションの所在地「東京都目黒区大橋1-6-16-506」をネットで検索すると小さなマンションが出てくる。
従業員が多そうではないが、情報商材詐欺の返金に対応できるのであろうか。
また、All Winner Projectの主催者でもある久世誠氏が代表者ではないよう。
みずほ銀行の役員にも指名された実績があるようだが、久世誠氏をインターネットやSNSで検索しても情報が出てこないのだ。
実在する人物なのかも分からない。
Q. 久世誠のAll Winner Projectの危険性とは?久世誠のAll Winner Projectを実際に利用した人からは、情報商材で支払ったお金を無事に取り返せたというコメントよりも、安定収入を稼げるようになったというコメントが書かれていて、当初のプロジェクト内容から大きくかけ離れているコメントが寄せられている。
一貫性のないプロジェクトなので、この時点で怪しい。
サイトには、ネットで情報商材を購入した人は必ず久世誠のAll Winner Projectに参加しなければいけないらしい。
参加しなければいけない理由として、下記の理由が挙げられている。
・75日以内に参加者の98.2%に100万円振り込まれるから。
・何もしなくても毎月100万円の振り込みが確定しているから。
・学科的な資産分配法のルーツだから。
強制加入と謳っている時点で、危険である可能性が高い。
また、セールスレター上では既に350名の参加者がいるのにも関わらず、インターネットやSNSでの口コミが一切ないという点も不思議である。
Q.All Winner Projectの久世誠とは、どのような人物なのか?All Winner Projectの主催者である久世誠は「みずほ銀行の元業員」とのこと。
そのような情報を元に、みずほ銀行に久世誠氏が本当にみずほ銀行にいるのか訊ねたところ、下記の回答だった。
[みずほ銀行の回答]この度は、ご連絡をいただきありがとうございます。
本件については、当行の名前を騙るセールスかと存じますので、ご注意ください。
今後とも、みずほ銀行を御愛顧賜りますようお願い申しあげます。
みずほ銀行 ご意見・お問い合わせ窓口担当残念ながら、All Winner Projectの久世誠は架空の人物である可能性が極めて高いことが判明した。
Q.All Winner Projectに寄せられる複数のクチコミとは?久世誠のAll Winner Projectには、口コミも寄せられていて、詐欺師決定という口コミも複数ある。
プロジェクトに参加後に他の人のアフィリエイトのメールが次から次へと送られてくるようになるという被害も出ているとのこと。
特に、クレジットカード決済を選んだ人は、これから支払いがたくさん来るから元を取らなければいけないという焦りもあって、さまざまな情報商材を契約してしまい、蟻地獄のような状態になっている人もいるらしい。
たくさんの批判サイトのコメント欄に大量のコメントが寄せられていたため、これらのコメントの信憑性は極めて高いだろう。
コメントを寄せている人は、実際にAll Winner Projectに騙された人の意見である可能性が高い。
そのため、このプロジェクトには、たくさんの被害者がいると想定される。
<MatoMaの見解>情報商材詐欺の被害は拡大している。
そして、多くの人が情報商材詐欺で騙されたお金を取り返して欲しいと願っているはずだ。
そのような被害者の気持ちを踏みにじる今回のプロジェクト。
「情報商材で支払ってしまったお金の分だけ救済する」と語りかけて、最終的には情報商材のバックエンドが用意されている。
また、プロジェクトに参加をすれば、アフィリエイトのメールが次から次へと届くようだ。
情報商材詐欺の被害者は、さらに不安で怖い想いをしてしまう。
弱者を狙い騙すような業者は、反省をしてもらいたいものだ。
そして、被害者とは解決に向けて集団訴訟を起こしたい。
被害者が納得できる答えが出るように全力で頑張りたいところだ。
引用元:徹底検証 投資顧問の真理
引用元:ネットビジネス百鬼夜行
引用元:情報商材批評まとめ!詐欺ペディア
https://kabu-kenshou.com/000342/(徹底検証 投資顧問の真理)http://keiko2.com/2018/01/09/all-winner%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-%E4%B9%85%E4%B8%96%E8%AA%A0-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AF%E7%82%8E/(ネットビジネス百鬼夜行)http://www.wendyheatley.com/all-winner-project/(情報商材批評まとめ!詐欺ペディア)
現在公開されている証拠データはありません。
応援する