集団訴訟を中島裕之の”Salvageプロジェクト”に対して起こす!!

集団訴訟を中島裕之の”Salvageプロジェクト”に対して起こす!!
示談交渉中
情報商材
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の被害金額
13,251,000
44 %
"マトマリ"達成率

被害者数
16

弁護士決定
2018-12-02
一次募集締め切り
2019-05-10

Salvageプロジェクトの概要

”毎月100万円安定した現金収入を約束する”などと宣伝し、その仕組みなどを紹介するといった名目で高額な授業料、教材費を請求するいわゆる高額塾の案件となっています。
紹介ページや動画を見ていくと、以前、炎上商材を取り扱っていた女性が出演するなど、何かと怪しいものになっています。

Salvageプロジェクトの詳細

合同会社スマイルコーポレーションの代表である中島裕之が、ノウハウを紹介しているものが、Salvageプロジェクトです。
合同会社スマイルコーポレーションの特商法を見ると、電話番号が記載されていない、住所を調べても企業らしきものが出てこないなどの情報が出ています。
高額塾のようなもので、教材費やノウハウを説明した動画が見られることなどを扱っています。
しかし、動画内に出てくる女性が、過去に炎上した商材を紹介していた女性である、宣材画像が捏造されたものなのではないかと疑わしい内容が多いのが事実です。
また、中島裕之という人も検索ではほとんど出てこず、Salvageプロジェクトに登録して、LINEに誘導することから、おそらくラインIDやメールアドレスの収集も目的として可能性があります。
実際には、仮想通貨を用意するための資金が必要など、別途費用が発生する事例も情報としてあります。
今後、被害者が多く出てくると思います。
全員で力を合わせて行ければと思います。

コメント5

※ 実名、及び個人を特定できるような名前は入力しないでください。
利用規約に同意の上、投稿してください。
1.アンナ2019-02-17 22:24:55
あまりの親切さに思わず全てのプロジェクトに参加しましたが、どれもまとものものがなく、証拠金が減る一方でした。
電話で弁償して下さいといいましたら
担当者は最後にはすみません。1年後には必ずお返ししますからと言いましたが、その
2.名無し2019-02-17 22:26:07
その後一切、連絡が取れません。
3.名無し2019-03-07 19:11:57
もう、全く連絡が取れません。
4.名無し2019-03-07 19:23:13
いつから連絡とれてないんですか?
5.スペース2019-03-19 07:00:28
稼動させてから2ヶ月ぐらいの10月ぐらいから、問い合わせても返信が来なくなりました。

Salvageプロジェクトのリサーチ

Q.SALVAGE PROJECTを販売していた人物とは?A.SALVAGE PROJECT(サルベージプロジェクト)の主催者は「中島裕之」中島裕之氏は35歳で13年間会計事務所に勤務。
その傍らでトレードを開始。
2013年度に仮想通貨を保有し始めて、大きな資産を築くことに成功。
その資産の総額は10億円にもなる。
中島氏は、一代で10億円の資産を築きあげられた成功者だ。
動画内では、10億円の資産が分散されている口座の預金額が公開されている。
現在は、投資家として生計を立てながら活躍と動画内では解説されているが、真意は確かではない。
中島裕之氏をネットやSNSで検索しても、本人と思われる人の情報は出てこないのだ。
一代で10億円を築いたのであれば、それなりに名は知れ渡っているであろう。
SALVAGE PROJECTの動画のインタビュアーを勤める女性は「松岡沙耶」だ。
彼女のことは、バイナリーオプションをしてる人たちに多く知れ渡っている。
松岡沙耶氏は、過去に「LINE BANK」という情報商材詐欺プロジェクトを立ち上げており、被害報告が多数あがっている。
インターネット上では「松岡沙耶 被害者の会」まで誕生しているので危険人物だ。
残念ながら、中島裕之氏が実在する人物なのかの確証には迫れないが、SALVAGE PROJECTのインタビュアーとして松岡沙耶氏が関与しているので、危険なプロジェクトであると認識しておきたい。
Q.SALVAGE PROJECTトとはどのようなプロジェクトなのか?A.仮想通貨やゴールドの自動売買ツールを利用してお金を稼いでいくプロジェクト。
仮想通貨以外の金融商品(ゴールド)を取り扱うことによって、他のプロジェクトと違う新しい稼ぎ方ができる。
金融商品と仮想通貨を組み合わせることによって、利益が倍増する仕掛けだ。
この稼ぎ方こそ「SALVAGE(サルベージ)」。
SALVAGE PROJECT(サルベージプロジェクト)で開発された自動売買ツールは人口知能を超えたと賞賛されているという。
完全自動のため、仮想通貨に関する知識や投資のテクニックがない初心者でも、プロジェクト通しに実践すれば、資産を自動的に増やしていくことができるプロジェクトとなっている。
毎月100万円稼ぐことができる。
副業をしたい方にもピッタリだ。
Q.なぜ中島裕之氏は、SALVAGE PROJECTの提供をしたいのか?A. 中島裕之は貧困者にキッカケを与えたいから、サービスの提供を開始した。
中島裕之氏は、日本に広がる格差社会の問題に大きな興味があるという。
理由は中島氏の幼少期の生い立ちに遡るのだが、とても貧しい家庭で生まれ育ったそうだ。
中島氏は、もともとお金に興味があって会計事務所に勤めるようになる。
資産家の方との出会いをたくさん経験していき、資産家たちが実践しているお金を稼ぐ方法を知る機会に巡り合う。
そのときに、お金を稼ぐ方法を知るきっかけがあれば、どんな人でもお金を稼ぐことができるのだという気づきを得たのだ。
中島氏は、1人でも多くの人にお金を稼ぐキッカケを掴んで欲しいと思い、SALVAGE PROJECT(サルベージプロジェクト)の自動売買ツールの提供が開始された。
Q.情報商材にはバックエンド商品というものが存在することがあるが「SALVAGE PROJECT」にも存在するのか?A.SALVAGEPRJECT(サルベージプロジェクト)に加入すると、GLOBAL SOCIETY CLUB(グローバルソサイエティクラブ)のバックエンド商品に勧誘される。
・GLOBAL SOCIETY CLUB(98,000円)「仮想通貨」に「ゴールド」を組み合わせた手法。
デターミンサードアイシステムという自動売買システムがトレードしてくれ、より最適なトレードが実現可能となる。
98,000円と手頃な情報商材だが、さらなるバッグエンドがある恐れも考えられる。
また、GLOBAL SOCIETY CLUBに関して問い合わせをしたところ、システムの際にどうしても費用が発生してしまうとのこと。
メンテナンス料で高額な料金が発生する恐れもある。
バックエンド商品には、全額返金保証が付いている。
全額返金保証がついているため、安全だと思うかもしれないが、全額返金保証には注意事項が書かれている。
注意事項に「規定の返金条件を満たした場合」と規制されているが、規定の返金条件について明記されていない。
そのため、全額返金保証は期待できないだろう。
Q.SALVAGE PROJECTは危険な商材なのかA. SALVAGE PROJECT(サルベージプロジェクト)は危険度が高い情報商材。
SALVAGE PROJECTで公開されている情報は捏造されている可能性が高い。
SALVAGE PROJECTの事実、毎月安定して100万円を受け取っている人物は捏造されている。
氏名と写真が掲載されているが、フリー素材の写真が利用されているのだ。
真っ赤な嘘なのだ。
信用してはならない。
神奈川県 新井敦史さん引用元:https://roudou-pro.com/columns/114/埼玉県 杉山美穂さん引用元:https://cue.waris.jp/3545.html千葉県 吉満花さん引用元:http://blog.daum.net/skingrand/214愛知県 並河正晴さん引用元:https://www.paylessimages.jp/detail.php?id=af0100007290※引用元のURLをコピーできる方を表示。
北海道の北方雅輝さんはshutterstock、静岡県の冨澤利一さんは123RF、大坂府の志野満子さんはPIXTAの素材だ。
経験談で紹介されている人物が捏造されているので、動画で話をしている中島裕之氏の本名や経歴も捏造されている可能性は多いにある。
SALVAGE PROJECTの販売会社である合同会社スマイルコーポレーションの所在地(広島県福山市日吉台1丁目2番13号)を検索すると、ラポール日吉台という賃貸アパートが出てくる。
この賃貸物件の家賃相場は6.2万円。
一代で10億円の資産を築きあげたと動画内で口座の預金も見せるような中島裕之氏が、このような場所で会社を起こすだろうか。
動画内で話をしていた資産を持っているとは到底思えない。
また、前述したが動画のインタビュアーとして中島氏に取材をしていた女性は「松岡沙耶」だ。
彼女は「LINE BANK」などの詐欺プロジェクトを過去に起ち上げていた。
インターネット上では、松岡沙耶の被害者の会も立ち上がっている。
レビューをみても最悪だ。
<MatoMaの見解>SALVAGE PROJECT(サルベージプロジェクト)は、仮想通貨と金融商品のゴールドを組み合わせて安定的に月100万円を稼ぐプロジェクトだ。
自動売買ツールとなっているため、知識や経験がない方でも確実に資産を増やしていくことができると謳われている。
しかし、セールスレター上の「実際に月100万円稼いでいる人たち」として紹介されていた人物の写真はフリー素材が使用されている。
登場人物は捏造されていて、SALVAGE PROJECTを活用して月100万円稼いでいる人は実在しないということも考えられなくない。
合同会社スマイルコーポレーションなどの企業の規模からの憶測になってはしまうが、中島裕之氏が実在するかも安易に信用しないほうが良いだろう。
インターネット上で被害者の会が結成されている松岡沙耶氏もプロジェクトに関与しているので、危険度は高い。
SALVAGE PROJECTには、GLOBAL SOCIETY CLUB(グローバルソサイエティクラブ)のバックエンド商品が存在する。
値段は、98,000円(税込)と情報商材としては安い料金設定だが、さらにバックエンド商品が登場する恐れも考えられる。
引用元:SalvageプロジェクトのLP動画
現在公開されている証拠データはありません。
応援する