【集団訴訟に向けて】小野寺徹と4Lead株式会社によるアービトラージシステム「ArbiT」について

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】小野寺徹と4Lead株式会社によるアービトラージシステム「ArbiT」について
募集中
その他 
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
500,000

参加者数
1

小野寺徹の「ArbiT」 参加者の声

2018年4月、ネット上の広告→レンタル会議室でのセミナーを通じ、アービトラージシステム「ArbiT」50万円を10回分割で購入。

しかしLINEでのサポートは3ヶ月後の7月を最後で、2019年1月には応答がなく、2020年5月現在、個人用サイトも閲覧できなくなっている。

コメント1

※ 注意事項
  1. 個人を特定できる情報を含む投稿はしないでください。
  2. 外部への誘導目的とするメールアドレス、URLを含む投稿はしないでください。
  3. 投稿内容に関しては、個人の意見であり事実に反する場合があります。
利用規約に同意の上、投稿してください。
1 .  あり  2020-09-05 15:22:52  ID:UkQFlwA
全く同じ状況でした。何一つ誠意が感じられない対応です。
他の物販関係のセミナーを見た事あるがアービトラージシステムの話をしていた時と同じで稼げるような話をするが絶対に信じてはいけません。情報業界からも消えて欲しい。
現在公開されている証拠データはありません。
35人がこの"マトマリ"を応援中です。
あと65人で100人に到達します!
応援する