【集団訴訟に向けて】”ラディカルデザインオフィス”のイラスト仲介について

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁護士との協議により決定します。
【集団訴訟に向けて】”ラディカルデザインオフィス”のイラスト仲介について
募集中
その他
この"マトマリ"をシェアしよう!

現在の請求予定金額
130,000

参加者数
1

ラディカルデザインオフィス イラスト仲介の概要

仲介の金額は13万
今までのメールでのやり取りで不審な部分も見つかり、そこも入るならば+15.000

ラディカルデザインオフィス イラスト仲介 (参加者の声)

好みのイラストレーターが所属している企業。

2017年8⽉30⽇に18禁という内容が可能か聞きスケジュール確認をしてもらい前金として105,000円を払う。

2018年2⽉4⽇に大ラフ等で打ち合わせをこれからしていくとのメールを送られたのち不通。

2018年7⽉8⽇にこちらから、増税の件でメールを送り、イラストレーターが体調不良であり時間を要すると返答。

この間にイラストレーターが大量のイラスト、仕事で作成したイラストを含むイラストを無料閲覧サイトにて投稿されている。

内容物を確認し、情報を収集済み。
また、イラストレーターの変更を進める行為を受けた
好みでないのと払った金額に見合わないイラストであり拒否。

2018年9⽉17⽇ 16:44 無料閲覧サイトの内容を日時、イラストを纏めて送った翌日、18禁イラストこちらの内容が過激であり描けないと言い出す。

金額を払っている相手をこの様に対応している理由は
本来全額で支払ってもらい、その場合は責任をもって行うが、今まで3件の案件を受けてきたから半額にしたが、
半金は仕事として了承したものではないと公言。

半金105000、全額210000は今までの案件で一番大きい金額である。

イラストレーターが無料閲覧サイトにて投稿している内容については知らない。

管理する必要もなく、専属では無いと公言
スケジュールの確認も、調整も、まして体調不良かどうかも確認すらしていない事になる
専属では無いイラストレーターをサイトに登録をさせて、それを使いながら、
実利につながるイラストレーターの利用につなげることが目的であると言う事

所在地はサイト内に掲載されてはおらず、物理的に購入したポスター等の送り元、所在地を問い合わせたが、命の危険があると納得できない理由のもと拒否を受ける。

18禁が描ける代わりのイラストレーターは1名しかいないというが、全くもって好みではなく金額に見合わないことと同時に、送られるサンプル以外を探したく、名前の提供も求めたが、プライバシー問題として拒否。

無償で描くと言い出し、気に入らないが描いてもらったが25000の請求を受け支払い合計金額130000。

コメント0

※ 現在、当案件へのコメント投稿を制限しております。
ご了承下さい。

MatoMa運営によるリサーチ結果

現在公開されている証拠データはありません。
応援する