よくあるご質問

集団訴訟参加ユーザ向けのご質問

一つの事件に対して、複数の被害者によって訴訟を起こすことです。
集団訴訟には様々なものがあり、医療被害、投資詐欺被害、返金被害、残業代請求、薬害・公害問題や、最近ではパワハラでも訴訟が起きています。
サイトを利用して、同じ悩みを持つ仲間を探したり、コミュニケーションを取ったりすることは、全て無料です。
集団訴訟を起こすことが決まり、弁護士に正式に依頼する場合は、弁護士費用が発生する場合がありますが、集まった仲間で費用負担を分担することにより、一人一人の訴訟費用については、かなり抑えることができます。
登録者の個人情報は、ネット上では公開されません。
訴訟を起こす場合、請求内容は裁判所で開示されるものの、原則、閲覧制限がかかっています。
参加しているほとんどの被害者の人たちが、訴訟の経験がありません。
実際に前面に立って戦い、話をまとめるのは、訴訟・交渉を専門とする弁護士たちなので、訴訟の経験が全くなくても大丈夫です。
今、持っている悔しい思い、辛い想いを晴らしてくれる強い味方が、すぐそばにいます。
裁判当日に裁判所に行くのは、原則、弁護士のみなので、被害者の方々が裁判所に行く必要はありません。
集団訴訟の大きなメリットの一つとして、被害者全員の被害情報に対して、弁護士が一度に交渉を行ってくれる点が挙げられます。
弁護士費用は、訴訟の内容、被害者の人数、請求金額によって変わってくる上、担当する弁護士によっても様々です。
大がかりな訴訟になれば、金額も大きくなりますが、被害者の人数も多いので、一人当たり個人の費用負担は少なくなります。
あくまで相場ですが、集団訴訟の一般的な弁護士費用は、一人当たり数万円~十数万円の範囲で収まることが多いです。
被害者間の掲示板に参加したら、集団訴訟に自動的に参加する、というわけではありません。
弁護士から具体的な募集が来て、契約を締結し、正式受任となってから、集団訴訟に参加する、といった流れになります。
このように、集団訴訟に参加するかしないかは、自分で選択することができます。
費用、時間、家族との関係など、理由があって集団訴訟への参加が難しい場合は、担当弁護士に相談してみてください。
専用の問い合わせフォームを用意しておりますので、そちらまでご連絡お願いいたします。

弁護士ユーザ向けのご質問

"マトマリ"に応募することも含め、全て無料となります。
現在、無料となっていますが、将来的には、有料化や有料オプションについても検討しております。
弁護士の先生が正式受任された後、 MatoMaがプロジェクト進行に関わることはありません。
被害者に関する情報が共有された後は、全て先生と被害者の方々との間でやりとりになります。
そのため、弁護士報酬の取り決めや訴訟方針の策定について、ご対応のほどよろしくお願いいたします。
共同受任することも可能です。
共同受任を希望する場合、興味のある"マトマリ"に応募する際のメールに、共同受任予定の先生の氏名をご記載ください。
正式受任されている弁護団にて、新しい弁護士の先生をお探し下さい。
すでに立ち上がっている弁護団による集団訴訟についても、掲載可能です。
その際には、ご一報お願いいたします。