悪質業者の手口も丸わかり!詐欺被害サイトをチェックしよう!

2019年01月30日
詐欺・消費者問題
悪質業者の手口も丸わかり!詐欺被害サイトをチェックしよう!
詐欺被害に巻き込まれたらどうすればいいのかは、ご存知ですか?

トラブルに対応したくても時間に追われてしまう人もいると思います。

しかし、そのような場合は、詐欺被害サイトを上手に利用してみるとよいです。

ここでは、人気の詐欺被害サイトを紹介するので、チェックしてみてくださいね。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!

1.詐欺被害に巻き込まれたら、詐欺被害サイトを使い倒す


詐欺被害に巻き込まれたら、どのように行動すればいいのか不安になるものです。また、詐欺被害に対応したくても時間がないと忙しく過ごしている方も多いでしょう。

そのような人にオススメなのが、詐欺被害サイトを使い倒すことです。詐欺被害サイトでは、詐欺業者を調べられたり、メールで弁護士にトラブル相談ができたりします。

今回は、人気の詐欺被害サイトを紹介するので、ぜひ利用してみてください。


2.詐欺被害の情報が見られる詐欺被害救済.com


近頃は、振り込め詐欺をはじめ、架空請求詐欺や高額商材詐欺など、さまざまな詐欺事件が発生しています。

とくに通販で商品を購入する際や高額なスクールへ入会する際は、本当に信頼できる販売会社なのか気になる人もいるでしょう。

そのときに、知っておくと便利なサイトが「詐欺被害救済.com」です。詐欺情報の閲覧はもちろん、匿名で詐欺情報を発信することもできます。

【詐欺被害救済.comの基本情報】
サイト名:詐欺被害救済.com
運営会社:九段下総合法律事務所


2-1.報告された詐欺情報の入手


最近報告された詐欺情報を一覧で見ることができます。気になる詐欺情報を見つけたら、詳細を覗いてみましょう。

詐欺事件の手口などについて詳しく書かれていたり、詐欺事件が刑事事件として取り扱われているのかも確認することができます。詐欺の種類も豊富に取り扱われているのです。

詐欺被害救済.comで取り扱われている詐欺の種類
ヤミ金詐欺 / 口座買い取り詐欺 / 押し貸し詐欺 / 携帯買い取り詐欺 / 融資保証詐欺 / 通販詐欺 / その他

また、同じ事件の被害に遭遇した場合は、詐欺情報の詳細ページにてコメントを残すことができます。だから、被害者同士でコンタクトが取れます。集団訴訟を起こしたいなどと前向きに行動することを検討している場合は、コメント欄を利用してみましょう。


2-2.報告された悪質業者の情報入手


また、詐欺被害救済.comでは、最近、報告された悪質業者の情報を入手することができます。悪質業者は一覧表になっていて見やすいです。

悪質業者の基本情報と詐欺の手口に関して詳しく記載されています。

詐欺被害救済.comのWebサイトのトップには、検索窓があります。気になる業者名がある場合は、検索してみましょう。

また、「詐欺業者かな?」と契約する前に気になった方は、詐欺被害救済.comで検索をかけてみるのもよいですね。


3.弁護士にメールで連絡ができる弁護士.com


「弁護士事務所に相談しに行きたいけど時間がない。」「まだ、弁護士に依頼するか迷っているから、まずは気軽に相談がしてみたい。」「類似のようなトラブルの相談はないのかな…」などの悩みを持っているときにオススメのサイトが、弁護士.comです。

弁護士が身近に感じられるWebサイトです。ニュースも配信されており、法的知識が身につきますよ。

【弁護士ドットコムの基本情報】
サイト名:弁護士ドットコム
運営会社:弁護士ドットコム株式会社


3-1.メールでの法律相談を


詐欺事件をはじめ、離婚問題、借金問題、交通事故などのトラブルを専門家に聞いてみたいけれど、まずは、メールで気軽に聞いてみたいという人もいるでしょう。

弁護士.comの会員になると、さまざまなトラブルに関する相談をメールですることができます。

メールで相談する際は有料となってしまいますが、手軽に相談ができるので人気を集めています。

また、他の人が専門家に相談している内容も見ることができるので、類似の相談があれば役立つでしょう。

弁護士.comのサイトには、1か月に8,000件以上にも昇る相談が投稿されています。気になる問題がある場合は、覗いてみましょう。


3-2.弁護士検索


全国に約3万人いる弁護士ですが、弁護士ドットコムに登録している弁護士の会員数は1万4千人。弁護士の約2人に1人が会員となっている弁護士情報サービスなのです。

弁護士は法律の知識をもった専門家ではありますが、得意分野と不得意分野があります。また、過去の実績や料金が弁護士毎に異なるのです。

1件1件の弁護士事務所を見て回るよりも、簡単に理想の弁護士を見つけることができます。


3-3.弁護士費用の一括見積り


弁護士事務所1社1社回って見積書を作成してもらうのは、とても時間がかかります。可能であれば、費用が安い弁護士に相談したいものですよね。

弁護士ドットコムのサイトでは、弁護士費用の一括見積りサービスが用意されています。抱えているトラブルに対して、どんな対応をしてくれて、料金がどれぐらいなのか見積書に記載されています。

弁護士費用を比較検討してみたいという人にオススメのサービスです。


3-4.話題の出来事を法的観点からみるニュース


話題の出来事を法的観点から、わかりやすく届けてくれるニュースも楽しむことができます。ニュースを読むことで、法的知識を身につけることができます。


4.注意!弁護士費用は高い!


これまで、詐欺被害に関する情報がまとめられている人気のサイトを紹介しました。無料相談ができたり、着手するまで弁護士に被害状況を相談できたりします。

相談が無料というのは嬉しいですね。しかし、実際に弁護士にトラブルを解決してほしいと依頼すると、着手金や報酬金の費用が発生します。

トラブルの内容にもよりますが、平均的な相場は約20万円前後と言われています。詐欺被害に巻き込まれたとき「お金を取り返したい」と思っても、弁護士費用が高いと、身も蓋もありませんね。

でも、安心してください。集団訴訟という選択をすることで、そのような悩みを解決することができます。


5.集団訴訟を起こすなら、集団訴訟プラットフォームMatoMa


詐欺の被害に巻き込まれてしまって、弁護士に依頼をしたいけれど、弁護士費用を出すことができない人もいるでしょう。そんな人にオススメなのが集団訴訟です。

集団訴訟を起こすには、同じ事件の被害にあった人を募る必要があります。SNSや掲示板を利用する方法もありますが、ぜひ、 集団訴訟プラットフォームMatoMa で募集をかけてみてください。

 


5-1.MatoMaで募集するメリット


集団訴訟を起こそうと思い、被害者を募る場合、MatoMaを利用すると下記のようなメリットが得られます。


5-1-1.詐欺に強みをもつプラットフォームである


詐欺を大々的に扱う掲示板は数少ないです。MatoMaは、詐欺被害者の方にも弁護士の方にも認知されている詐欺に強みをもつプラットフォームです。

そのため、MatoMaで詐欺被害者を募ると、同じ悩みを持っている被害者をはじめ、被害金を取り返してあげたいという弁護士にも出会うことができます。


5-1-2.広告を運用して多くの人に認識していただいているサイト


MatoMaのサイトは広告運用して、たくさんの人に認知していただく働きかけをしています。プロジェクトを立ち上げると、たくさんの被害者が集まるでしょう。

実際にMatoMaを利用した集団訴訟の事例としては、下記のようなものがあります。

集団訴訟名:ファイナンシャルナビゲーション被害者の会
被害金額:511,817,700円(2019年1月10日地点)
被害者数:86名(2019年1月10日地点)
※ファイナンシャルナビゲーション被害者の会の集団訴訟を応援している人は200人となっています。

集団訴訟名:片見光良が経営しているエンターテイメントカジノバーに対して集団訴訟を起こす!
被害金額:112,771,506円(2019年1月10日地点)
被害者数:16名(2019年1月10日地点)
※片見光良が経営しているエンターテイメントカジノバーに対して集団訴訟を起こすに関して、1166人が応援しています。

集団訴訟名:夢を奪いとった株式会社クリードのオーディション詐欺に対して集団訴訟を起こす!
被害金額:20,930,411円(2019年1月10日地点)
被害者数:39名(2019年1月10日地点)
被害者数:夢を奪いとった株式会社クリードのオーディション詐欺に対して集団訴訟を起こす!に関して、145人が応援しています。


5-1-3.MatoMaは完全報酬型のサービスです


弁護士に対しての相談も無料ですが、着手金も発生しません。そのため、弁護士に支払う初期費用が払えないという人でも、安心して訴訟を起こすことができるのです。

MatoMa経由で集団訴訟を起こして、勝訴してお金を取り返すことができたら、完全報酬として25%分をMatoMaへ支払っていただきます。

被害者の方は初期費用を払うことなく、お金を取り返すことができるのです。


5-1-4.MatoMaへの被害情報の掲示は無料で利用可能


同じ事件の被害者を募るための被害情報の掲示は無料で利用することができます。たくさんの方が見ているサイトです。

無料で情報を掲載することができるのです。無料で利用できるので、詐欺被害に巻き込まれたとクヨクヨするのではなくて、お金を取り戻すためにアクションを起こしましょう。


6.まとめ


・詐欺被害サイトを上手に利用すると、詐欺被害の対応がスムースになります。

・少しでも詐欺の疑いがあったら、詐欺業者一覧リストに気になる企業が登録されているか確認しましょう。

・弁護士にトラブルに関してメール相談できたり、類似のトラブルの悩み相談ができたりするサイトも存在します。

・弁護士費用が払えない場合は、集団訴訟を検討してみてください。少ない費用で訴訟を起こすことができます。

・詐欺被害に巻き込まれたら、なによりも泣き寝入りせずに解決に導く行動を取るようにしましょう。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!
20秒でできる簡単ユーザー登録
無料登録はこちら