【必見】お手持ちのスマホで詐欺被害に!?LINE乗っ取り詐欺とは!

2019年09月18日
詐欺・消費者問題
【必見】お手持ちのスマホで詐欺被害に!?LINE乗っ取り詐欺とは!
LINE乗っ取り詐欺 をご存知ですか?この詐欺を知らないと危険です。被害は拡大しています。

友だちだと思って、いつも通り連絡を取り合い、困っている友だちを助けようとしたら、お金が騙し取られてしまったというような事態になりかねません。そして、人間関係に亀裂を生み出してしまうのです。

お金を騙し取られてしまうことはもちろん、LINEで繋がっている友だちとの人間関係も滅ぼします。

いかがでしたか?不安に思った方もいるでしょう。ここでは、詐欺の手口や対処法について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!

20秒でできる簡単登録

無料登録はコチラ



1.LINE乗っ取り詐欺の被害状況


LINEを利用するユーザー数は、7,500万になるとも言われています。10代から80代まで幅広い世代を選ばずに利用されています。それだけ、大きな影響を与えているコミュニケーションツールなのです。

多くのユーザーが利用している無料通話アプリ「LINE」は、現代社会では必要不可欠なコミュニケーションツールとなりました。

しかし、約7,500万人も利用している便利なコミュニケーションツールは、悪意を持った犯罪者の標的にもなり得るのです。

実際に、2014年度から「LINE乗っ取り詐欺」が増えました。現在は、セキュリティ面でも強化されたので事件件数は減少傾向です。

しかし、悪用されてしまうと危険なので注意を払いましょう。

1-1.被害総額


2014年度から増えてきた「LINE乗っ取り詐欺」ですが、1年間で警察に寄せられた被害届や相談件数は657件、被害総額は約2,800万円になったと発表されています。

警視庁が認知している事件件数と被害総額なので、これらは氷山の一角です。被害件数と被害総額ともに実際はもっと拡大しているでしょう。

2.LINE乗っ取り詐欺の手口とは


LINEを利用するには、ログインする必要がありますが、アカウント情報を不正入手して第三者が本人を装った詐欺手口のことをいいます。

LINE乗っ取りに遭遇した場合は、なりすましに気づきにくいというデメリットがあるのも大きな特徴です。

詐欺師は、友だちに対して「財布を落としてしまって、すぐにお金が必要になった。スマホに送金をしてほしい。」と依頼します。このように、詐欺の目的は、友だちから金銭を盗み取ることです。

友だちが困っているのであれば、購入してしまいますね。十分に気をつけましょう。

2-1.実際の流れを詳細に解説


手口について、大まかには理解いただけたと思いますが、詳しい流れを紹介します。

2-1-1.加害者側が第三者のLINEに不正ログインする


第三者のLINEアカウント情報を入手して、LINEに不正ログインします。

2-1-2.友だちに偽メッセージを送る


LINEの友だちに対して、偽メッセージを送ります。「久しぶりだね。元気にしていた?今、なにしているの?」など、友だちかと思うようなメッセージを送ってきます。

また、メッセージの履歴を遡って確認して、メッセージを送ってくることもあるので、本人であると誰もが思ってしまうのです。誰も、詐欺師から連絡が届いているとは疑いません。

2-1-3.友だちからの返信が届く


いつも通り、友だちから返信が届きます。なにも疑うことなく「久しぶりに連絡をくれたのだな」と嬉しくなって、ついつい返信をしてしまうのです。

2-1-4.友だちに対してプリペイドカードを購入してほしいと依頼する


返信が届いた友だちに対して「財布を落としてしまって困っている。電子マネーを利用したい。」とプリペイドカード購入の依頼がされます。

このときに、カード番号を教えてほしいと言ってきたり、写真撮影をして送ってほしいと頼んできたりします。

2-1-5.詐欺成立


「友だちが困っている!助けてあげないと」と、友だちが手助けのためにカード番号情報を送ってくれることによって、お金は盗まれます。

3.LINE乗っ取り詐欺の被害内容について


被害は大きいです。お金が騙し取られてしまうというダメージも大きいですが、その他の面でも、ダメージを受けるでしょう。

実際に、どのようなダメージを受けるのかを見ていきましょう。

3-1.アカウントが利用不可に


ログインエラー表示が出てしまう場合は、他の人が別の端末を利用している証拠です。

LINEは1つのアカウントで1台のスマホに紐づけされているため、スマホ2台同時は利用できません。

ログイン時に必要なパスワードが変更されてしまいます。そのため、二度と利用出来なくなる事態にもなりかねないのです。

3-2.友だちとの人間関係にヒビが入る


詐欺の目的は、友だちから金銭を奪い取ることです。友だちリストに登録している友だちに迷惑をかけてしまうことになります。

金銭的なダメージだけではなくて、人間関係にも、ヒビが入ってしまうこともあるでしょう。

3-3.アカウントが削除されてしまう


詐欺の情報を残したくないというのが、詐欺師の思惑です。そのため、アカウントを利用した後は削除されます。

友だちの連絡先を失ってしまうことになるのです。

3-4.詐欺被害に遭っているのか確認する方法


詐欺の恐ろしさを認識していただきましたが、詐欺被害に巻き込まれているか確認する方法を知っておきましょう。

3-5.LINEログイン通知を確認する


パソコンやその他の端末からもログインできます。ログインした際は「MACでLINEにログインしました」などと言った通知がスマホに届きます。

身に覚えのない端末からのログイン情報が届いた場合は、被害に巻き込まれている恐れがあるので注意しましょう。

身に覚えのない端末情報を入手した場合は、すぐにパスワードを変更して対処することが大切です。

3-6.ログイン中の端末を調べる


どの端末でLINEが利用されているのか日頃からチェックする習慣を身につけましょう。このような習慣が、詐欺防止に繋がります。

端末名の右にあるログアウトというボタンを押すと、利用できなくなります。身に覚えのない端末名が表示されている場合は設定しましょう

3-7.詐欺に対する対処法


これまで説明したような事態が起きたら、問題フォームに問い合わせをしましょう。問題フォームでは、選択項目があるので下記を選びましょう。

そして返信用のメールアドレスと内容詳細を入力して、問題フォームに送ります。

【お問い合わせ項目内容の選び方】
問題発生機種:利用している端末
サービス:LINE
カテゴリ:アカウント・登録情報
詳細:自分のアカウント情報が盗まれた

4.詐欺に対する防止対策方法


ここでは、詐欺の防止対策方法について紹介します。

4-1.パスワードを変更する


ログインするには、メールアドレスとパスワードという二段階認証が必要です。メールアドレスの変更は難しいかもしれませんが、パスワードの変更は簡単にできます。こまめにパスワードを変更することが、セキュリティ対策に繋がります。

4-2.パスワードの使い回しをしない


さまざまなサービスで、パスワード設定が求められることがあるでしょう。覚えきることができないという理由で、同じパスワードを設定するのは危険です。

パスワードを使い回していると、利用サービスすべてに、不正ログインされてしまう恐れもあります。

パスワードは使い回さずに、1つひとつのサービスに対して1つのパスワードを設定していきましょう。

4-3.お手持ちのスマホでしか利用できないように設定する


不安だと思う方は、その他の端末でのログインを不許可にしましょう。不許可の設定方法は「設定→アカウント→ログイン許可」でチェックを外すと、その他の端末でログインできなくなります。

4-4.ロックをかけておく


他の人がスマホを勝手に操作して、パスワードを盗むという確率が圧倒的に多いです。そのため、起動時にロックがかかるように設定しましょう。

「設定→プライバシー管理→パスコードロック」でロックをかけます。

4-5.スマホを不用意に放置しない


先ほども説明しましたが、第三者があなたのスマホを利用して、パスワード情報やメールアドレス情報を盗むケースが多いです。

スマホを他の人に利用されてしまうという被害も発生しています。

他の人が触れられる場所に、スマホを置いたりするのは辞めましょう。

5.家族や友だちからお金に関する相談がきたら


お金に関する相談内容が送られてきたら、メッセージだけで信用するのではなくて、電話をかけて確認しましょう。

本人とつながることを確認して、本当に困っているようなら手助けをしてあげましょう。

メッセージを信用してしまうのは危険です。絶対に辞めましょう。

相手がどこにいるのか確認をして、近い場所にいるようであれば会いに行き、現金を渡してあげる方法が1番安全です。それが、できない場合でも電話で確認はしましょう。

6.まとめ


・スマホ乗っ取り詐欺の被害金額は、約2,700万円にものぼります。

・金銭的な被害だけではなくて、人間関係にも亀裂をつくるので注意が必要です。

・スマホ乗っ取り詐欺に遭遇しないように、定期的にパスワードを変更しましょう。

・他人の手に届くような場所にスマホを放置するのは絶対に辞めましょう。

・セキュリティ対策をかねて、ロックをかけてしまうのも1つの手段です。

・友だちから、お金に困っているという相談を受けたら電話で確認したり、直接会ってお金を渡したりするようにしましょう。

・困っている人が友達や家族であった場合でも、お金に関するトラブルはデリケートに扱うことが大切です。

騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!

20秒でできる簡単登録

無料登録はコチラ
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!
HEAD TEXT
SUB TEXT
BUTTON TEXT
HEAD TEXT
SUB TEXT
BUTTON TEXT
BUTTON TEXT