エスケイ通信が集団訴訟される!内容と勝訴できるのかについて

2018年09月23日
労働
エスケイ通信が集団訴訟される!内容と勝訴できるのかについて
エスケイ通信はIT通信業の中で大活躍している企業です。

しかし、提供するサービスに不備があり、現在,集団訴訟が行われる可能性があります。

エスケイ通信は名の知れた大企業ですが、残念なことに使えもしないサービスで高額な支払を要求したり、悪質な営業を行なったなどの報告がされています。

1.エスケイ通信ってどんな会社?


株式会社エスケイ通信は,情報通信業を営んでいる会社です。

主に、ホームページ作成を行なっています。

近年オウンドメディア(自分から情報発信、受信ができるメディア)の重要性は増しており、そのメディアの1つとしてホームページを作ることが多く、エスケイ通信はそれを支えています。

生き方が多様化した現代では自分から顧客を集めなければならないので、エスケイ通信の仕事はとても必要とされています。

しかし、そんなエスケイ通信が集団訴訟を起こされる可能性があると見られています。

原因は、エスケイ通信の提供している商品に不備があることです。

2.エスケイ通信に対する集団訴訟の経緯


エスケイ通信に対する集団訴訟について解説します。

状況としては、エスケイ通信は顧客へサービスを提供しましたが、これらが全く機能しないので、顧客は怒りを感じています。

エスケイ通信のサービスは、インターネットによる集客のサポートです。

顧客の方々は、未だ集客できておらず、経済的に安定していません。

集客ができると期待してサービスを購入した顧客は,非常に残念に思ったことでしょう。

この問題は,資金面の問題から訴訟提起に消極的であろうことや、クーリングオフが使えない(集客は時間がかかるのが当たり前なので契約解除できる期間は過ぎてしまう)ことを利用して行われたとも言われています。

エスケイ通信はIT通信業の最先端を行く企業ですが、このように、詐欺を行なったという主張が見受けられます。

3.エスケイ通信を集団訴訟する原告の主張はどうなる?


原告(機能しないサービスを買った顧客)は,エスケイ通信への集団訴訟において、契約の解除と損害賠償の請求、もしくはサービス代金の返還を主張すると思われます。

エスケイ通信の集団訴訟を検討しているグループの中には、そもそものサービスを購入した原因が、営業に半ば強要されたからだという意見が見受けられます。

これに対する損害賠償請求も行われる可能性があります。

4.集団訴訟 エスケイ通信・まとめ


エスケイ通信の提供するサービスに不備があり、集団訴訟が行われようとしており、勝訴できる可能性は低くないと見ることができます。

主な顧客の経済事情や、クーリングオフ期間を経過しがちなことを利用して、悪質なサービスの提供や強引な営業を行っていたのだとしたら,とても許しがたい行動です。

もし、エスケイ通信のような大企業の悪事が確認できればそれは広範囲に知られると考えられるので、この先の未来にも大きな影響を与えると思われます。

今後の展開に期待しましょう。