詐欺被害多発!バイナリーオプション詐欺と被害回避の4つの確認事項

2019年01月08日
詐欺・消費者問題
詐欺被害多発!バイナリーオプション詐欺と被害回避の4つの確認事項
現在、副業としてインターネットを使った色々なものが流行しています。

アルバイトのように、時間を切り売りする必要のない形での収入が入ることは、多くの人にとって画期的な収入源になるでしょう。

しかし中には、副業ブームを利用して悪事を働く業者も多数います。

今回は、現在副業の案件としても非常に多い「バイナリーオプション」の詐欺について見ていきます。

これからバイナリーオプションの案件を検討しようと思っている人は、必ずご確認いただければと思っています。

大切なお金が悪徳業者によって奪われることのない様に、しっかりとチェックしていきましょう。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!

1.バイナリーオプションとは?


バイナリーオプションとは、為替を利用した投資になります。

為替とは、「1ドル=110円」といった違った国同士の通貨の交換レートのことです。

この為替レートは、コンマ数秒単位で変化しており、この価格の変動を利用した投資になります。

バイナリーオプションでは、1分後・5分後など、決まった期間後に現在の価格よりも
・円高になっているのか
・円安になっているのか
を当てるものになっています。

もしも現在が1ドル=110円だったとして、5分後に円安になっていると予想してお金を賭けると、
・110円よりも円安だった場合は配当率に応じた返金
・110円よりも円高だった場合は全額没収

となります。

トランプゲームの「High & Low」のような形で、為替を予想していくものになります。

2.バイナリーオプション詐欺の手口


このバイナリーオプション自体は、詐欺ではありません。

実際、為替が予想できる人にとっては、短期間で大きな報酬を獲得できるチャンスにもなりますし、損失に関しても賭けた金額以上は損をしませんので、リスクの制限もできるのです。

しかし、そのバイナリーオプションの業者の中には、詐欺が横行しています。

2-1.入金したお金が返ってこない


バイナリーオプションには、専用の証券口座を開設することが必須です。

そして、その証券口座に取引用に資金を入れるのですが、そのお金が出金できないというトラブルが非常に多いのです。

日本法人のような形で会社を構えていると思ったら、その会社は実は存在していなかったというような案件も存在するようで、非常に危険なものになります。

その他、メールしか連絡方法がなく、メールを送ってもほとんど返ってこないということもあるようです。

2-2.勝ち取引が無効にされる


バイナリーオプションの業者というのは、参加者が負ければ負けるほど利益が得られます。

そのため、大きく勝った取引をサーバー障害などを理由にキャンセルするという取引所が存在するようです。

小さな金額で賭けて勝ったときには、きちんと配当が返ってくるのに、大きな金額を賭けた途端に全額取られるというような被害も多く発生しています。

2-3.必要以上の情報を要求される


出金時に本人確認の書類を必要とする取引所は存在しますが、その中でも下記のような連絡が来ることがあります。

平素よりお世話になります。
ご本人確認の為、下記の書類のコピー、スキャン、またはカメラによる接写画像が必要となりますのでよろしくお願い致します。

1)お客様の現住所記載の公共料金の領収書 3か月分(ガス料金、電気料金、水道料金及び固定電話料金(携帯不可)等)
2)身分証明書(パスポート、運転免許証等)
3)クレジットカード裏表コピー、こちらはお客様が弊社サイトよりご自身の口座へ入金された時にお使いのものをお願いします。またカード表面に記載の、
カード番号下4桁と有効期限、及びお客様のお名前がはっきりと写るようにお願いします。

普通出金の際には、クレジットカードなどの情報は必要としないところが多いです。

また、カード番号下4桁と有効期限などは、他人に知られると悪用される恐れもあるため、この業者を利用してしまい、これらの情報を開示した人は、その後クレジットカードを悪用される可能性もあります。

3.詐欺被害から返金するには?


詐欺被害にあった場合、返金してもらえるのかといったことは非常に重要です。

返金できるのかを確認するために、最初に行って頂きたいのは、相手の会社の情報を確認することです。

もしも日本の法人として存在しなければ、返金は厳しいでしょう。

海外にしか会社がない場合、日本の法律で裁けない可能性が高く、警察の力も届かない地域も存在します。

もしも日本の法人が存在するのであれば、まずは警察の知能犯係に相談しましょう。

その後、警察から連絡してもらった上で、今後の返金等処理が可能かを確認する必要があるでしょう。

4.詐欺被害が多いバイナリーオプション業者


ネット上を検索すると、いくつかのバイナリーオプション業者において詐欺被害が非常に多いものが出てきます。

具体的な業者名は、実際に訴訟例があるわけではないので、公開は差し控えますが、これ等の業者は、前述したような
・出金できない
・連絡が取れない
・取引がキャンセルされる
といった事が多発しており、いずれも現状警察が動けない状態のようです。

そのため、現在あなたが利用しているもしくは、利用を検討しているバイナリーオプション業者があれば、一度検索してもらって、これらの業者に当てはまらないのかを確認しておく方が良いでしょう。

5.バイナリーオプションの新手の詐欺被害


現在もバイナリーオプションの詐欺手口は増えており、中でも気を付けたいのは、詐欺被害の多いバイナリーオプション業者を利用することを勧めるようなサイトになります。

バイナリーオプション業者の多くが高いアフィリエイト報酬を用意しています。

アフィリエイトとは、サイトやブログで業者を紹介し、そこからの登録があった場合に広告料を渡すといったものです。

そのため、多くの副業サイトで
「このバイナリーオプション業者を使ったら、月に〇万円稼げた」
というような記事が書かれます。

しかし、実際にはサイト制作者はバイナリーオプションを利用したこともないケースが多く、このアフィリエイト報酬のために記事を書いているというケースがあります。

6.詐欺被害に遭わないための対策


バイナリーオプション自体は、詐欺ではないものの、それを利用した詐欺が非常に横行しています。

では、どのようにすれば詐欺に遭わなくて済むのでしょうか?

6-1.運営会社のことをしっかりと調べる


最初に確認しておくべきは、会社情報の確認です。

前述したように、海外の会社に対して、日本の法律が適応されないケースが多く、トラブルになった場合、泣き寝入りをするしかなくなります。

そのため、日本に法人として存在するのかなどをチェックしておきましょう。

その際、住所がきちんと存在するのかや、電話番号がきちんと繋がるのかといった事もチェックしておきましょう。

電話番号は固定電話であることも重要です。

オフィスに関しては、レンタルオフィスではなく、しっかりとした場所にあるのかをチェックしましょう。

6-2.少額で入金し、一度返金してみる


前述したように、詐欺手口としては入出金でのトラブルが多いです。

そのため、数千円程度の少額を入金してみて、その後何度か取引をし、きっちりと出金ができることを確認してから、本格的な取引をすると被害を避けられるケースがあります。

もちろん、金額が大きくなったら返金しないといったケースも考えられますので、絶対ではないですが、詐欺被害に遭う確率は下げられるかと思います。

6-3.簡単に稼げる系の商材を信用しない


ネット上では、簡単に稼げるといった内容の商材が非常に多いですが、実際に稼げる情報はほとんど存在しません。

ですので、こういった案件自体を信用しないというのが基本でしょう。

ネット上で画像などを利用して稼いだ証拠を挙げている人もいますが、画像は他人からもらうこともできれば、簡単に加工できてしまいます。

そのため、本当にその人自身が稼いでいるとは限らないのです。

6-4.ネット上で被害報告がないところを選ぶ


バイナリーオプションの業者自体は、内容にそれほど違いはありません。

しかし、日本の業者と海外の業者では、最短の取引期間が違ってきます。

日本の場合、投資ではなく投機であるといった見方からか、超短期間での取引が禁じられています。

そのため、どうしてもスキャルピングのような形で短期間勝負をする必要があるトレード手法だった場合には、海外口座が必要になりますが、その場合にはネット上で悪評がない業者を自分で探しましょう。

副業を勧めているサイトの紹介している業者は、前述したようにアフィリエイト報酬のために行っている可能性があるので、危険です。

また、もしもスキャルピングのような短期間トレードの必要がない場合には、日本の業者を利用するようにしましょう。

バイナリー オプション 詐欺 被害まとめ


今回は、現在非常に多くなっているバイナリーオプションの詐欺被害についてまとめてきました。

非常に多くの被害者が出ており、これからもその傾向は続くでしょう。

特に、副業をしなければ生活が厳しい家庭が多い現在では、藁にも縋る思いで副業を探している人も多いです。

そんな中で、「たった5分で〇万円」などといった副業は非常に魅力的でしょう。

しかし、実際にそんな稼ぎ方は、安定的に稼ぐことができないですし、今回の詐欺のように最終的に手元にお金が戻ってこない可能性も高いです。

ですので、もしもバイナリーオプションに挑戦するにしても、しっかりとした人から学ぶことや、しっかりとした会社を選択するといった事が重要であり、それを怠ってしまえば、確実に痛い目を見るでしょう。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!
20秒でできる簡単ユーザー登録
無料登録はこちら