詐欺被害の返金に最適な集団訴訟の効果と向いている人の特徴を解説

2019年09月19日
詐欺・消費者問題
詐欺被害の返金に最適な集団訴訟の効果と向いている人の特徴を解説
詐欺で騙されたお金を返金してもらいたいと集団訴訟 を検討している方もいるでしょう。

また、集団訴訟のことを詳しく知らずに、詐欺被害に遭遇して泣き寝入りする人もいるのではないでしょうか。

この記事では、集団訴訟について理解を深めていただくために、参加すべき被害者の特徴や集団訴訟を起こすと得られるメリットを解説していきます。

集団訴訟に関する理解を深めていただき、ぜひ、詐欺被害の泣き寝入りをせずに、被害金を返金してもらって下さい。

騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!

20秒でできる簡単登録

無料登録はコチラ

返金請求!集団訴訟が向いている詐欺被害者の特徴


詐欺で騙されたお金の返金請求の目的で集団訴訟が起こされることが多いです。

また、集団訴訟には1人で起こす場合の訴訟とは違う魅力があります。

ここでは、どのような人が集団訴訟を起こすべきなのか?

集団訴訟の利用に向いている人の特徴について解説します。

弁護士費用を抑えたい人


詐欺の被害金額が少額である場合は、弁護士に依頼する必要のない少額訴訟がオススメです。

しかし、詐欺被害が高額になる場合は、少額訴訟を利用できません。

詐欺の被害について弁護士に相談、依頼する場合、大抵の弁護士事務所では成功報酬型の料金体系が設定されています。

成功報酬型の料金体系とは、取り返した金額にパーセンテージをかけて算定されます。

そのため、金額が大きくなるほどパーセンテージが低くなるのです。

結果、1人当たりの弁護士費用の負担は小さくなります。

弁護士費用の負担が少なくなれば、手元に入ってくるお金は増えるので、少しでも多く被害金を取り返したいという人に集団訴訟はオススメです。

詐欺を証明できる証拠を持っていない人


詐欺被害に遭遇して返金を請求する場合は、被害にあったことを証明するための証拠が必要です。

契約時の資料や加害者側と話した録音テープ、WEBサイトなどが証拠となります。

証明できる証拠が多いほど、お金を取り返せる確率は高まります。

とはいえ、業者と話す際に相手が怪しいと思って、最初から録音テープで会話を録音する人は少ないでしょう。

しかし、集団訴訟に参加すれば、他の人が所有している証拠を共有してもらえるため、より詐欺を証明しやすくなるのです。

加害者に反省をしてもらいたいと考えている人


警察に詐欺の被害届を出しても、必ずしも捜査してくれるとは限りません。

証拠が少なければ、被害者側にも過失があったのではないかと見られてしまうことが多いでしょう。

警察の取り調べに対して、加害者側が「お金を返すのを忘れていただけ」などと言ってしまえば、加害者側の意見が尊重されやすいことも、詐欺の大きな特徴。

加害者が悪意を持って詐欺を犯したのかどうかを証明しなければいけないのです。

大勢の被害者が同じ詐欺の被害に巻き込まれていた場合を考えてみましょう。

たくさんの人が同じ詐欺に遭遇した場合、被害者側の過失は考えられにくいでしょう。

また、同じ手口多くの人を騙している場合は、悪意が高いとみなされます。

被害金額が高額になる場合は社会的な問題としても考えなければいけなくなります。

そのため、集団訴訟を起こす場合は民事事件としてだけではなく、刑事事件として取り扱われることもあるのです。

詐欺は、刑事事件として扱われにくいため、再犯率が極めて高いことが大きな特徴です。

騙してきた相手が過去にも詐欺をしていたと知った場合は、許せない気持ちになるでしょう。

詐欺被害の返金を請求するだけではなくて、加害者側を懲らしめたい人や、加害者に反省して欲しいと願う人は、集団訴訟がオススメです。


詐欺の返金以外にも効果がある集団訴訟


集団訴訟は、詐欺を立証しやすく詐欺返金の確率が高まります。

集団訴訟は、騙されたお金を返金請求できるだけではなく、他にもさまざまな効果が得られるのです。

刑事事件として取り扱われる


先ほども説明しましたが、1人で詐欺の被害を警察に伝えに行っても、被害金額が少額であることや被害者側にも過失があったと見なされて、刑事事件として取り扱われることは極めて少ないことが現実です。

しかし、集団訴訟を起ち上げれば、被害金額が高額となり、被害者側の過失が少なく、多くの人を同じ手口で騙した加害者側の悪意を証明することができます。

その結果、刑事事件として取り扱われる可能性が上がるのです。

刑事事件として刑罰を与えられた加害者は、詐欺行為から遠のくでしょう。

被害者同士で気持ちを分かち合える


信頼をしていた相手から騙されてしまった場合に、トラウマを抱えてしまうこともあります。

詐欺被害者の中には、精神的ダメージを受けて鬱病になってしまう人もいるようです。

また、詐欺の被害に遭遇して誰にも相談できずに1人で抱え込んでしまう人は、家族や周りの人に迷惑や心配をかけたくないという強い気持ちを持っています。

責任感が強いため、詐欺に騙されてしまった自分を悔やんでしまうこともあるようです。

しかし、集団訴訟に参加をすれば、自分以外にも詐欺に騙されてしまった人がいることに気づけるでしょう。

集団訴訟によっては、参加人数が100名を超えることもあります。

そのような大規模の集団訴訟に参加をすれば、自分自身の気持ちも変わってくるはずです。

被害者同士で集まることで、気持ちが楽になるという効果も期待できます。

詐欺被害を減らせる


集団訴訟の規模が大きくなるにつれて、刑事事件として取り扱わたり、ニュースとしても報道される可能性が高まります。

詐欺の被害対策で重要なことは、詐欺に対する理解を深めることです。

しかし、実際には詐欺の被害に遭わなければ、詐欺に関心を寄せることはないのです。

実際に詐欺被害に巻き込まれた人は口を揃えて「自分が詐欺に巻き込まれるとは思っていなかった」と答えるのです。

集団訴訟の規模が大きくなって、ニュースで報道されると多くの人が詐欺の手口を認知するようになるでしょう。

そして、多くの人が詐欺に注意を払うため、詐欺の被害件数は減少していくのです。

集団訴訟を起こすと、詐欺を撲滅することもできるのです。

社会的影響を大きく持っている活動ともいえるでしょう。


MatoMaで集団訴訟を起こして詐欺の返金を請求するメリット


被害者の会を結成すれば、集団訴訟を起こすことができますが、MatoMaを利用すると集団訴訟の手続きがスムーズです。

全国に情報配信!仲間が集いやすい環境


MatoMaは、詐欺被害に特化したサイトとして全国の人に認知されています。

登録会員数10,000名を達成しました(2019年8月時点)。

詐欺に特化したサイトとして認知されているため、サイトを活用して同じ被害にあった人を募れば、大勢の被害者と繋がることができるのです。

匿名で利用できる


被害者を募る際に、SNS上での配信も手頃ですが名前がばれてしまうというリスクがあります。

また、加害者側に見つかった場合は連絡される恐れもあるのでしょう。

MatoMaのサイトは匿名で利用することができるため、とても安全です。

弁護士とも繋がりやすい


MatoMaは集団訴訟のサイトとして、詐欺被害者だけではなくて、弁護士の方からも大きな注目を集めています。

被害者の結成後は弁護士を選定しなければいけません。

弁護士は法律の専門知識を持っている専門家でありながら、得意分野があるのです。

MatoMaを利用すれば、詐欺分野に強い弁護士と繋がることができます。


詐欺返金 集団訴訟

まとめ


  • 証拠がないために詐欺を証明できずに泣き寝入りする人も、集団訴訟に参加すればお金を取り返せるでしょう。

  • 集団訴訟の規模が拡大すると民事事件としてだけではなくて、刑事事件として取り扱われることもあります。多くの人に詐欺の手口を理解してもらう機械が増えるので、詐欺の撲滅効果も期待できます。

  • 集団訴訟を考えている場合は、MatoMaのサイトを利用してみてください。MatoMaの集団訴訟プラットフォームを活用することによって、同じ詐欺に巻き込まれた人と簡単につながることができます。利用料金も無料で24時間365日使用することができるため、忙しいビジネスパーソンの方でも問い合わせしやすいでしょう。

  • MatoMaのサービスは、被害者だけではなくて弁護士の方からも注目されています。詐欺に強い弁護士に巡り合うこともできるため、集団訴訟を起こすまでの手続きがスムーズに行えます。


騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!

20秒でできる簡単登録

無料登録はコチラ
HEAD TEXT
SUB TEXT
BUTTON TEXT
HEAD TEXT
SUB TEXT
BUTTON TEXT
BUTTON TEXT