弁護士先生との電話面談をされる際の注意事項 面談後編

2019年07月30日
ヘルプ
弁護士先生との電話面談をされる際の注意事項 面談後編
こちらのページでは、集団訴訟プラットフォームMatoMaで弁護士との電話面談予約後についてや委任状の書き方・返送についての注意点をまとめました。

画像にて、どこに注意すべきかも記載してありますので、ぜひ活用してください!

電話面談の予約がお済み出ない方は、下記ページを先にご覧ください。
弁護士先生との電話面談をされる際の注意事項 面談前編


弁護士先生との電話面談後の注意点 面談後編


下記が面談予約後の流れになります。

 

  • 事前によくある質問を確認


 


  • 弁護士先生と電話面談


 


  • 委任状の返送


 


1.事前に【よくある質問】を確認


電話面談前に下記のQ&Aを確認して下さい。

Q どれくらいの期間で返金されそうですか?
A 案件の内容、相手方の対応などにより大きく異なります。1年程度の時間を要する案件も多くありますが、弊所では最短で数ヶ月で返金に至った事例もあります。


Q 返金はされるのですか?
A 確約はできませんが、返金に向け考え得る手段を検討し対応してまいります。


Q 費用はどれくらいかかりますか?
A 着手金など事前にお支払いいただく費用はありません。本件では、実際に返金された場合にしか弁護士報酬をいただきません(完全成功報酬制)のでご安心下さい。なお、報酬比率に関しては案件ごとに異なるため面談時に詳細はご説明させていただきます。


Q 進捗状況の確認はどうすれば良いですか?
A MatoMaのサイトのトップページにニュース、お知らせという項目があります。そちらで最新の状況を確認できます。また、ご参加案件のマトマリの掲示板も確認下さい。


Q 弁護士先生との連絡はどうやってするのですか?
A MatoMaのサイトのマイページにある「弁護士チャット」から連絡をとることが可能です。


 弁護士の都合により返信が遅れることがあります。予めご了承下さい。
 弁護士チャットは弁護士決定したマトマリ(プロジェクト)のみご使用いただけます。


2.弁護士先生との電話面談について


予約の日時に弁護士先生から電話がかかってきますので面談をお受け下さい。

着信番号は03-5801-0733 です。

ただし、弁護士先生の都合により別の電話番号から電話が行く可能性がありますので予約の日時にかかってくる電話には出るようお願い致します。


3.委任状の返送について


【重要】

同封の委任状は届き次第3日以内にご返送下さい。

集団での返金交渉を行う性質上、返送が遅れますと交渉全体にに支障が出る可能性があります。

また、返送がされませんと返金を受けることができません。

ですので必ずご返送下さい。

・ご不明点などは同封の委任状の書き方の見本をご確認下さい。

返送が必要な書類 計3点

  • 委任状

  • 委任契約書

  • 委任事項説明書


この3点の書類を 署名捺印 の上ご返送下さい。


委任状の見本


委任状の書き方:
住所と名前を記入して下さい
印鑑を2ヶ所に押して下さい

※委任状は日付の記入はしないで下さい。



 

委任契約書の見本


委任契約書の書き方:
2枚の委任契約書を見本のようにずらして重ね、2枚の委任契約書に印が上半分、下半分に別れて押されている状態にします。
1枚は返送し、もう1枚は必ずご自身で保管して下さい。
※日付の記入をお願いします。




 

委任事項説明書の見本


委任事項説明書の書き方:
表面に関して、上から氏名、記入日、住所、氏名、を記入、捺印をして下さい。
裏面に関して、上から記入日、住所、氏名、を記入、捺印をして下さい。


※日時の記入をお願いします。




記入方法など不明点がございましたら運営チャットでもお電話でも構いませんのでご連絡下さい。
TEL:03-6456-4178 (10:00~19:00) 
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!
20秒でできる簡単ユーザー登録
無料登録はこちら