本物はどうやって探す?情報商材の人気ランキングは参考にならない!

2019年07月29日
詐欺・消費者問題
本物はどうやって探す?情報商材の人気ランキングは参考にならない!
ネットで検索してみると、売れ筋の情報商材の人気ランキングや、本当に稼げる情報商材のランキングなどがたくさん検索結果に出てきます。

ネットビジネスの初心者の人であれば、サイトでおすすめされているランキング上位の商材であれば本当に稼げるのではないか?

作業しなくても楽に稼げるのではないか?と思ってしまいますが、それは大きな間違いです。

情報商材を販売しているインフォトップインフォカートなどASP業界のサービスで公開されている売り上げランキングならば、売り上げの結果は正しいものでしょうが、実際に売れている商品だから必ず稼げるというわけではありません。

ましてや、個人で運営しているブログやサイトで、ランキング上位の情報商材なんて、何故ランキング上位になっているのか不思議なものも非常に多いです。

2019年になっても、ランキング上位だから信頼できると参加して騙された被害者がどんどん増え続けています。

何故、稼げない情報商材がランキングの上位になってしまうのか?

そしてランキング以外に、本当に稼げる可能性がある商品を見極める方法はどんなものがあるかについてまとめています。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!

情報商材を購入すると何が手に入るか?


情報商材の中には、fxや仮想通貨などの投資で稼ぐ自動ツールなどを販売しているものもありますが、多くの情報商材の中身は、稼ぐための戦術、ノウハウが多いです。

ノウハウを教える方法が、PDFファイルなどにまとめたマニュアル教材として販売しているか、セミナーやスクールなどに参加したり、メールやLINEなどでマンツーマンの指導を受ける方法になるかの違いになります。

様々なジャンルの情報商材が販売されていて、簡単に集客できるサイトを作成するWordPressのテンプレートや、転売しやすく利益の高い商品の一覧なども情報商材として販売されていますが、初心者の方は情報商材を購入したら、すぐに稼げると勘違いしてしまいますが、購入して手に入れたノウハウを実行し、その結果稼げるかどうかということになります。


ランキング上位の情報商材は何故信用できない?


情報商材の紹介サイトなどでランキングが上位になっている理由について考えてみました。


広告宣伝費を大量に使っている


売り上げが多い=本当に稼げる人が多いというわけではありません。

では、どんなサイトが売り上げ上位になっているのか?それは広告宣伝費を大量に使っているサイトです。

健康食品や、家電などの広告方法はかなりありますよね。

テレビでのCMや雑誌や新聞への広告掲載、最近ではインスタグラムやTwitterのインフルエンサーを使った広告方法も増えてきています。

Youtubeの広告も多いですね。しかし、情報商材の広告方法は限られています。

テレビCMやメジャーな雑誌で情報商材の広告を見かけたことはないですよね?

今一番効果の高い広告方法はアフィリエイトです。

自分のサイトで情報商材を販売することにより、購入された金額の一部が報酬として販売主からアフィリエイターに支払われますが、この報酬が他の物販系のアフィリエイトに比べて非常に高いということで、報酬獲得目的で宣伝しているアフィリエイターの数はものすごく多いです。

アフィリエイト報酬の高い情報商材を宣伝するアフィリエイターが多いから、必然的に購入者の数が増えて売り上げが上がるという流れになっています。

売り上げランキング上位だから、この商材は完全に稼げるとは思わないでください。


自分の売りたい情報商材をランキング上位にする


情報商材のランキングを紹介しているコンテンツでは「本当に稼げる商材を紹介」「騙されない安全な情報を紹介」という言葉が多く見られますが、実際サイトを作る目的は、アフィリエイトで稼ぐためです、決してボランティアで稼げる商品を紹介しているわけではありません。

そのため、上位にランクされているものは、報酬率の高い自分が売りたい商品になります。


口コミやレビューも信頼性は低い


ランキング上位に入っている情報商材は、当然ながら口コミやレビューなどの評判も高くなっています。

しかし、この口コミやレビューは本当の評価である可能性は極めて低いと言っていいでしょう。

Amazonなどの商品レビューの信憑性についても、最近議論になっているようですが、情報商材の場合は特に信用できない口コミが多いです。

販売されたばかりのはずなのに、既に稼いでいる人がたくさんいるようなコメントは、どう考えても不自然です。

最近では、その不自然さを打ち消すために、最初はテスト販売やモニター販売を行ってそこで稼ぎがあったことを成功談ということで掲載しているサイトも多いですが、いずれにせよ簡単に信じてしまうことは危ないです。


無料の情報商材


価格が安い情報商材の方が手軽に購入できるということで、売り上げのランキング上位は低価格の商品や、無料の情報商材が多くを占めています。

無料ならば気軽に購入できるといった人を数多く参加させることが目的となっています。

しかし、無料で配布される商品は、登録した参加者に対して動画などを視聴することで洗脳し、高額なバックエンド商品を売りつける手法であることが明らかです。

また、豪華な参加特典やプレゼント企画を謳って購入させる商品もランキング上位に入っていることが多いので注意してください。


ランキング以外で情報商材を見極める方法はあるか?


売り上げランキングや収益ランキングなどがほとんど参考にならないということがわかったと思いますが、どんな方法ならば稼げる商材と怪しい商材を見分けることができるのか上げてみましょう。


特商法をよく読んでみる


情報商材を販売するには、特商法に則って必要な事項を公開する必要があります。

公開しなければならないのは、販売者の名前や、販売会社の名前、住所そして連絡先になります。

怪しい情報商材の場合は、一応特商法の記載はありますが、最低限度のものしか掲載していないものが多いです。

特に、連絡先で電話番号が記載されていないものは注意が必要です。

特商法では連絡先であれば、メールアドレスでも可能ということになっていますが、メールの場合は対応に非常に時間がかかる可能性があります。

電話番号を掲載しないことで、詐欺商品に対しての問い合わせに対応せずに時間を稼ぎ、すぐに販売サイトのページの更新を止めて閉鎖してしまうというサイトが非常に多いです。

また、特商法で特記事項の記載がある場合、販売サイトの宣伝文句よりもこちらが優先されてしまいます。販売サイトで、100%稼げると謳っていても、特商法で
「実践した成果には個人差があるため、収入の再現性が保証されているわけではありません」

という内容の記載があればその商品は100%稼げる商品ではないということです。

返金に関しても同じことが言えます。全額返金保証がついているから、安心して参加してくださいと宣伝していても特商法の特記事項で

「商品は通信販売のためクーリングオフの対象外となり、いかなる場合においても返品や返金に応じることはできません」

返金保証を宣伝しているサイトでは必ずこのような特記事項が追加されています。

情報商材の販売サイトで商品を見極める場合は、耳障りのいい宣伝文句よりも先に特商法の表記を見ることで、その商品が安全なのかどうか確認することができます。


販売者が過去の実績を確認する


現在販売している情報商材の評価やレビューの信憑性が非常に低いことは説明しましたが、販売者が過去に販売している商品についは時間が経っていることから、本当に参加した人のレビューが公開されていることが多いです。

販売者の名前で過去の実績を検索してみると、同じような商品を何度も販売している人間がいます。名前を変えただけの商品で、次々に被害者を生み出していることも多いので、販売者の実績については必ず確認してみることが騙されることを防ぐ方法の一つになります。

しかし、最近の情報商材の販売者は、今まで別の分野で活躍していて、今回の情報商材が初めてというプロフィールが多いので、なかなか過去の実績を調査することが難しくなっています


稼ぐ方法が理にかなっているか自分で調べる


情報商材に騙されてしまう人の多くが、販売サイトの宣伝文句を丸ごと信じてしまうというタイプになります。

楽をして稼ぐために、情報商材を購入すると必ず失敗してしまいますので、宣伝されていることや、仕組みやシステムについて、しっかり自分で検証して、本当に稼げそうなのかどうか判断することも必要です。

少し調べてみたら、ホームページで宣伝していることはウソだらけで、全く信用することができなかったということもあるので、参加や購入する前に必ず自分で調査をしてみて、その商材の本質が正しいものなのかどうか判断してください。


まとめ


売り上げランキングの上位に入っている情報商材が稼げる商材というものではないことがわかったと思います。悪質な情報商材に騙されてしまわないためには、情報商材を購入したら稼げるという考えを変えるということが必要です。

本当に役にたつ情報商材も中にはありますが、それは文章のテクニックを教えてくれるものであったり、コピーライティングの上達法を教えるものであったり、サイトの作成方法を教えてくれるものであったり、直接利益には関係ないものが多いです。

パソコン初心者や主婦の方にシステムの解説をしたりや操作の基礎を教えるといった情報商材もありますね。

在宅で月収100万円以上などとお金が稼げると謳って販売されているレベルの情報商材で本物はないと思った方がいいですよ。情報商材の力を活用し、最終的には自分の知識を増やしスキルアップで稼ぐというのがネットビジネスの基礎になると思います。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!
20秒でできる簡単ユーザー登録
無料登録はこちら