集団訴訟の意味とは何か? 集団訴訟の3つの機能を徹底解説

2018年10月02日
詐欺・消費者問題
集団訴訟の意味とは何か? 集団訴訟の3つの機能を徹底解説
人生、どういった理由で自分が訴訟に関わることになるかわかりません。

そんな訴訟の中には「集団訴訟」と呼ばれるものが含まれていますが、その機能はどのようなものなのでしょうか。

以下、集団訴訟の持つ3つの機能について解説します。

1.社会への問題提起をするという効果


集団訴訟の2つ目の意味は「社会への問題提起をする」ことが挙げられます。

通常の訴訟では、よほど大問題ではない限り,テレビや新聞・インターネット記事等で取り上げられず、あまり人の目に触れることはありません。

しかし、集団訴訟の場合,別個に訴訟を提起するケースに比べ,「世間的に大きな問題である」「社会的に見て小さいとは言えない問題である」として,テレビやインターネットなどのメディアに取り上げられやすくなります。

その結果、数多くの人たちの目に触れることとなり、訴訟で提起した内容を裁判所や加害者だけでなく,社会全体に投げかけることができるのです。

2.集団訴訟をすることで和解になるケースも


集団訴訟の2つ目の意味は「和解になるケースも有る」というポイントです。

もちろん集団訴訟でなく,通常の訴訟においても,最終的に和解に至るケースは多いですが、集団訴訟では,通常の訴訟よりも,被告が和解による解決を望みたくなる構造をしています。

集団訴訟は,原告となることのできる者が多く、社会的にも広く認知される可能性が高いです。

そうなれば当然、被告が原告を含む被害者に与えた被害についても、広く社会に知られるということになります。

例えば,企業が加害者である場合「被害者を出した加害企業」という悪いイメージが付き,企業の名前に傷が付く恐れがあります。

加害者側たる被告がどのような考え方をするかにもよりますが、このような場合,被告は,早期に和解を成立させるという解決を望むことも珍しくないです。。

なぜならば,訴訟を長引かせればそれだけ上記のイメージが定着・深刻化するため、会社の売上や雇用状況等,会社の広い分野にとって大きなデメリットとなり得るからです。

つまり,集団訴訟の「原告が多い」ことと「社会に知られる」という特徴が、和解による訴訟の早期をもたらしやすくなるということです。

3.集団訴訟は参加しやすいというメリットもある


3つ目の意味は、集団訴訟は通常の訴訟と比較して「参加しやすいというメリットがある」というポイントが挙げられます。

この「訴訟に参加しやすい」という意味は、さらに,以下の3つの意味に分けられます。

3-1.費用面での参加のしやすさ


1つ目は「費用面での参加のしやすさ」です。集団訴訟では、必要な弁護士費用や裁判費用を、集まった原告たちで分担することができます。

通常の訴訟においては、裁判費用を工面できないことを理由に訴訟の提起に踏み出せない人も見受けられます。

しかし,集団訴訟であれば,原告一人あたりの費用負担は通常の訴訟よりも少なく、経済的な事情を抱える人でも訴訟を提起しやすくなるというメリットがあります。

3-2.証拠面での参加のしやすさ


2つ目は「証拠面での参加のしやすさ」です。

訴訟を提起し,希望通りに賠償を受けるためには、被害の存在を明らかにする必要があります。

問題なのは、その被害の存在を明らかにする「証拠を十分に有しているか」ということです。

証拠が不十分な場合,被害の実態を明らかにできず、賠償を受けられない恐れがあります。

この証拠面の問題につき,集団訴訟では、参加している他の原告が保有している証拠も、自分の証拠として利用することができます。

集団訴訟では数多くの被害者が原告として訴訟に参加しているため、自分が保有していない、有力な証拠を有している原告がいる可能性も高くなります。

加えて、社会的に認知されることにより「被害者を集めやすい」というメリットも有るため、証拠面でのメリットもさらに大きくなります。

3-3.精神的な参加のしやすさ


3つ目は「精神的な参加のしやすさ」です。

集団訴訟の相手方は、大企業、場合によっては国といったように,巨大な存在であることも多いです。

そのような巨大な相手の場合,個人で相手をするには精神的なプレッシャーが大きくなるかもしれません。

集団訴訟の場合,数多くの被害者が原告として参加することができますし,被害者全てが原告とならなくとも,同じ被害を受け問題に立ち向かおうとする仲間が大勢います。

このように、集団訴訟は,上記3つのな意味において訴訟に参加しやすくし、十分な賠償を得るための戦いを展開しやすくするのです。

4.まとめ


以上のように、集団訴訟を提起し、これに参加することには数多くの重要な意味が存在しています。

また,通常の訴訟であれば泣き寝入りしていたであろう事案であっても,集団訴訟を提起することで社会にとって大きな意味を持たせることも考えられるのです。

もちろん、集団訴訟に該当する事案であっても通常の訴訟を提起できないわけではありませんが、さまざまな意味とメリットを持つ集団訴訟への参加を考慮することは重要なことです。
20秒でできる簡単ユーザー登録
無料登録はこちら