副業詐欺の返金方法!お金を確実に取り戻すために必要な手順とは

2019年06月07日
詐欺・消費者問題
副業詐欺の返金方法!お金を確実に取り戻すために必要な手順とは
働き方改革の影響を受けて、副業 を始める人が増加しています。

副業を始める人の増加とともに、副業詐欺 の件数も増加していて、警視庁や金融庁でも注意喚起がされているのです。

副業詐欺は現代人の身近に潜む危険な事件の1つでしょう。

実際に、詐欺の被害にあった場合は、被害にあったお金を取り戻したいですよね。

確実にお金を取り戻すために、大切にしたいことや手順があるのです。

ここでは、副業詐欺の被害にあったお金の返金方法 について紹介します。
騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!

副業詐欺の被害にあったお金を取り戻すために大切なこと


副業詐欺の返金方法について具体的に確認していく前に、お金を取り戻すために大切なことを確認しておきましょう。

すばやい対応が必要


お金を取り返すためには、すばやい対応が必要です。

副業詐欺の被害にあったお金を業者(加害者)に利用されてしまった場合は、取り返せなくなってしまいます。

少しでも早い対応をして、業者(加害者)にお金が利用される前に、取り返すことが重要です。

1人で悩まずに相談することが必要


副業詐欺の被害にあって、お金を取り戻す方法はさまざまな方法があります。

後述するクーリング・オフ制度もありますが、振り込め詐欺救済法などの法律もあるのです。

専門知識が絡んでくるので、はじめて詐欺被害にあった場合は、知らないことや分からないことが多いでしょう。

そのため、詐欺の被害にあった場合は1人で悩まずに相談しましょう。

公共機関の相談先に連絡することで、最適な対処法が教えてもらえます。

副業詐欺の返金方法


副業詐欺には、主に下記の2つ の種類があります。

  • 業務提供誘引販売(在宅ワーク・内職・モニター)

  • 連鎖販売契約(マルチ商法・ネットワークビジネス)


上記の2つの商法はクーリング・オフが認められています。

もし、契約したサービスが副業詐欺だと判明した場合は、次の手続きをおこないましょう。

副業詐欺だと気づき、クーリング・オフ期間内の場合


サービスを契約後に副業詐欺だと気づいた場合、クーリング・オフ制度が適用できる期間内であれば、契約解除が可能です。

クーリング・オフ制度が適用できる期間であれば、相手から騙されて消費者が意図しないサービスを契約してしまった場合や、脅されてサービスを契約してしまった場合は、販売会社に理由を伝えずに一方的に契約解除ができます。

クーリング・オフ制度が適用できる期間は、契約書が到着した日を1日目と数えて、20日以内 です。

クーリング・オフするためには、申し込み時に販売会社に騙されてしまった証拠も一緒に提出することになります。

そのため、契約書をはじめメールやパンフレット等の資料は大切に保管しておきましょう。

証拠を集めたら、販売会社に対して、クーリング・オフの通知書を内容証明で送ります。

なお、通知書を発送した日が契約書の到着した日から20日以内であれば、クーリング・オフ制度が適用されます。

クーリング・オフ期間を過ぎている場合


クーリング・オフは契約書が届いてから、20日以内が適用期間です。

クーリング・オフ制度の適用期間が過ぎた場合は、次のような手続きをしましょう。

販売会社と交わした契約書に不備がないかを確認しましょう。

契約書に法律で定められた商品情報(商品名・価格・クーリング・オフについての規定)が明記されていない場合は、契約書に不備があったとして、新しい契約書を作成してもらえます。

新しい契約書が届いてから、新たに20日以内がクーリング・オフ制度の適用期間となります。

契約を交わす際に虚偽の説明したり、契約者に不利益になる情報を故意に知らせなかったりした場合は、法律によって契約を取り消せることになっています。

しかし、契約者が後に気づいてから1年以内と取消権の行使期間は定められています。

副業詐欺にあった場合の相談先


副業詐欺の被害にあった場合は、クーリング・オフ制度が適用できるかどうかを確認していきます。

しかし、どのような手続きを取っていいか実際はわからないものです。

副業詐欺にあったら、1人で抱え込まずに次の相談先に連絡をしましょう。

大切なことは、1人で悩まずに相談できる相手に連絡することです。

国民生活センターへ相談する


国民生活センターでは、消費者トラブルに関する相談を受け付けています。

全国にある消費生活センターを紹介してくれます。

副業詐欺の被害にあった場合、どのように対応すればいいのか、相談者に対してわかりやすく説明してくれます。

国民生活センターに関する情報はコチラ

警察へ相談する


副業詐欺に遭遇してしまった場合は、自宅の近くにある警察署でも相談に乗ってもらえます。

相談は電話番号「#9110」でも乗ってもらえます。

消費者トラブルに関する専門の相談員が話を聞いてくれます。

必要に応じて、関係機関を紹介してくれます。

各都道府県に窓口が設けられているので、確認して相談してみましょう。

金融庁へ相談する


金融庁へ登録しないで運営している違法業者や、詐欺的な投資勧誘について、金融庁も注意を呼び掛けています。

情報提供の募集もしているので、警察への相談と一緒に、金融庁へも相談してみると良いでしょう。

弁護士へ相談する


騙されたお金を取り戻すための返金要求や訴訟は弁護士の範囲の業務です。

お金を取り戻すことが第一目的であれば、弁護士に相談してみましょう。

しかし、弁護士に相談すると費用が発生するので被害額が低額であれば、費用の方が高くついてしまう恐れがあります。

副業詐欺で騙されたお金を取り戻せるサイト”MatoMa”の魅力


副業詐欺の被害にあったお金を取り戻すためには、弁護士に相談することが大切だと説明しました。

しかし、被害総額が少額だった場合は弁護士費用の方が高くつき、結果的に赤字になってしまいます。

それでは、意味がありません。

そのような方の悩みを解決するサイトが、集団訴訟プラットフォームMatoMa です。

被害にあったお金が少額であっても、お金を取り戻したい場合は”MatoMa”のサイトを活用しましょう。

MatoMaのサイトには次のようなメリットがあります。

MatoMaでプロジェクトを立ち上げるには、下記からできます!

MatoMaプロジェクト立ち上げページ

弁護士への相談料は0円


MatoMaのサイトを通じて、弁護士に相談をする場合、相談料は0円です。

一般的な弁護士事務所では、1時間5千円と相談料が発生します。

その相談料が無料になるので、MatoMaのサイトを通じて相談するとお得です。

弁護士依頼(着手金)は0円


MatoMaのサイトを通じて集団訴訟を起こす場合の費用の支払いは、完全成功報酬型となります。(3/15現在)

訴訟に勝訴して被害にあったお金を取り戻せた場合、報酬として返金額の一定割合を弁護士へ支払うことになるのです。

報酬割合については、案件ごとに異なりますが、例を挙げると、返金額の25%を報酬とするケースが多いようです。

24時間利用が可能


集団訴訟を起こしたいと思ったら、24時間いつでもプロジェクトを立ち上げることができます。

弁護士事務所に相談する場合は、営業時間が限られていますが、MatoMaのサイトはいつでも相談可能です。

ネット環境がつながる場所であれば、どこでもサイトは利用可能です。

そのため、忙しい人でも相談しやすいでしょう。

全国に情報発信ができる


集団訴訟を起こすには、たくさんの被害者(仲間)を募らなければいけません

MatoMaのサイトは、全国の人に多く見られています。

また、集団訴訟のプラットフォームとして特化しているので、閲覧者の多くが詐欺被害に悩んでいる人となります。

そのため、MatoMaのサイトでプロジェクトを立ち上げれば、多くの被害者(仲間)と繋がることができます。

匿名投稿で秘密厳守


全国の被害者(仲間)を募ることができるMatoMaのサイトですが、匿名投稿ができるため身元がバレることはありません。

投稿者やプロジェクト参加者の個人情報などは厳守されます。

そのため、気軽にプロジェクトを立ち上げたり、参加したりすることができます。

まとめ



  • 副業詐欺の被害にあった場合は、使われてしまう前にお金を取り返す必要があります。そのため、すばやい対応が必要です。

  • 被害にあったお金を取り戻す方法は、さまざまなものがあります。1人で悩まずに公共機関の相談窓口を活用しましょう。最適な方法を教えてもらえます。

  • 副業詐欺の商法は、クーリング・オフ制度が適用されます。クーリング・オフ制度が適用できるかを確認して返金手続きをしましょう。

  • 副業詐欺の被害総額が少額だった場合は、被害にあったお金よりも弁護士に依頼するお金がかかる場合があります。被害が少額の場合は、個別に弁護士に依頼するのはナンセンスかもしれません。

  • MatoMaのサイトを活用すると、弁護士への相談料や着手金が無料です。そのため、被害総額が少額の場合であっても、お金を取り返すことができます。


騙されたお金を
MatoMaで返金してもらおう!!
20秒でできる簡単ユーザー登録
無料登録はこちら