Windows10へアップグレードでトラブル!集団訴訟へ発展!

2018年09月24日
その他
Windows10へアップグレードでトラブル!集団訴訟へ発展!

「大切なPCが勝手にアップグレード」


皆さんは、仕事やプライベートでPCを使うという機会が多いでしょう。もしも、その大切なOSが勝手にアップグレートされてしまい、さらに大切なデータや、ソフトウェア、機器に故障が発生してしまったとしたらどうしますか?


想像しただけでも怖いですよね。



1.Windows 10」へのアップグレードでの集団訴訟とは


これは、2017年にアメリカのイリノイ州に住んでいる3人の原告が中心となってMicrosoftに対して集団訴訟を起こしたというものです。


この訴訟では、100人以上が参加していて、合わせて500万ドル以上の損害賠償を求めていす。


訴えを起こしている原告らは、いずれもこのWindows 10へのアップグレードによって、仕事上のデータが消失したり、復旧が出来ない、あるいはデータやハードウェアの故障などが起こり、やむなく新しくPCを購入することになってしまった人達です


上記Microsoft社による勝手なアップグレードによって、利用者である原告らは、大切なデータはもちろん時間とお金を奪われそれによる精神的苦痛与えられたとして、集団訴訟を提起しました



2.Windows10の集団訴訟の原告と被告は?


上記集団訴訟の原告は、アメリカのイリノイ州に住んでいる3人の原告が中心になっています。


原告の数は、この3人を中心として100人以上にも膨れ上がりました


被告は、米Microsoft社です。最初の原告3人の名前は、ステファニー・ワトソン、ロバート・サイガー、ハワード・ゴールドバーグです。


原告としては、MicrosoftWindows 10へのアップグレードによってデータやPC本体などに損害を与える恐れがあるということを警告して、バックアップをとるように伝えるべきであったと主張しています。


これに対してMicrosoft社は、顧客に対しては、1年間の保証プログラムがあり、無料のカスタマーサポートなどを提供しているから、原告の主張は受け入れられないというコメントしているそうです。



3.Windows10へのアップグレードで起こった問題


 


勝手にアップグレートされてしまった、あるいは同意しても正常にアップグレードされなかったことによってどのような問題が出ているのでしょうか?


まとめてみました。



3-1.問題1


この大きな問題としては、パソコンの持ち主が同意していないのに、勝手にアップグレードをしてしまったという点です。また,そのことによってPCが使えなくなってしまったという点が挙げられます


勝手にアップグレードしてしまったことによって、データが消失してしまったり、ハードウェアが故障してしまったりなどということが起こりました。


それによって、データやハードウェアなどを復旧させることが出来、新しくPCを購入しなければならなくなってしまました。



3-2.問題2


もっとも,Microsoft社の全ての利用者に対して、勝手にアップグレードしたというわけではありません。原告の中には、アップグレードすることに同意をしてアップグレードを実行したという人もいます。


しかし、そのアップグレードをしている際に、ソフトウェアが停止してしま、一部のデータが破損してしまう被害が出ました


それによって、データの復旧や修理の費用が発生してしまったのです



4.Windows10のアップグレードで集団訴訟勝ち目はあるの?


過去には、同じようにWindows10のアップグレードを勝手に行われたことによって、仕事に使用していたPCが使えなくなってしまい、業務に大きな支障をきたしたということで、米Microsoftを提訴したものもありました


この裁判の結果は、Microsoft社に対して1万ドルの賠償金を支払うよう命じるものでした


 


過去に賠償金を支払っているということはありますが、今回のように集団訴訟となると裁判で決着がつくまでには長い時間がかかるということが予想されます。


また、金額も規模も大きいため,なおのこと時間がかかるかもしれません


すなわち,この問題については、実際に訴えを起こしている原告達だけでなく、他にも同じように損害が発生しているという人達がいます。


この裁判の結果によっては、さらに多くの人がMicrosoft社に対して訴えを起こすという事も予想され,慎重な判断が求められる結果,訴訟が長引くことが予想されます。



5.windows10 集団訴訟・まとめ


この問題の大きなポイントとしては、少なからずMicrosoft社に問題があるということです。


そもそもアップデートすることによってPCに重大な損害を与えてしまうことがあるということを周知しておかなければならなかったといえるでしょう。


さらに、意図せずにアップグレードされてしまった人、同意してアップグレードしている人両者に損害を与えてしまっているという点もポイントです。


意図せずに損害を与えられてしまうというのは、大きな問題です。


PCは、仕事やプライベートで大切な情報を管理するために不可欠のものですから、そこに損害を与えてしまう可能性があるのであれば、もっとしっかりとした対策が必要だったのではないでしょうか。


 
HEAD TEXT
SUB TEXT
BUTTON TEXT
HEAD TEXT
SUB TEXT
BUTTON TEXT
BUTTON TEXT